日向坂46・小坂菜緒を巨大人形が襲う! 初主演映画『恐怖人形』で萩原利久と共演

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年6月5日 17時30分

『恐怖人形』に出演する小坂菜緒(C)Seed&Flower LLC

 本年秋に公開されるサイコサスペンス映画『恐怖人形』にて、日向坂46の小坂菜緒が映画初主演を務めることが決定。共演には、実力派として注目される若手俳優・萩原利久が発表された。 本作は、そのタイトル通り過去の怨念に引き寄せられた日本人形が巨大化し、次々と残虐な殺人を繰り返していくオカルト作品。80年代に席巻したアメリカンホラーのテイストにジャパニーズホラーが融合された展開となる。監督は、映画『gift』で長編デビューを果たした注目の若手監督・宮岡太郎が務める。

 主人公の女子大生・平井由梨(小坂)は、趣味のカメラで幼なじみの真人(萩原)と日常の風景を撮影する楽しい日々を過ごしていた。ある日、由梨の自宅に差出人不明のパーティー案内が届く。怪しい案内状だが、同じく真人のところにも届いており、2人は軽い気持ちで参加することに。案内状に記された集合場所に到着すると、そこには同世代の男女5人と中年の男性が1人。そこからワゴン車で移動したキャンプ場で、2人は仕組まれた事件に巻き込まれていく…。

 映画初主演となる小坂は「いつか映画のお仕事をしてみたいと思っていたので、本当に嬉しかったです。まだまだ力不足な私を、共演者の皆さんや、宮岡監督をはじめとするスタッフの皆さんに支えていただき、無事撮影を終えることが出来ました。多くの方々に観ていただけたら嬉しいです」と感謝の気持ちをあらわにした。

 共演の萩原は「今回、中川真人という役をやらせてもらい、本格的な完全ホラーは初めてでした。撮影をしてる自分達でも、怖っ!と思うことがあったので、完成したものをスクリーンで観たら確実にもっと怖いなと、ワクワクしています」と自信を見せた。

 映画『恐怖人形』は、2019年秋全国順次公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング