坂口健太郎、肉体美に自信? 財前直見の“暴露”に会場大盛り上がり

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年6月22日 17時26分

坂口健太郎、『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開記念イベントに出席 クランクイン!

 俳優の坂口健太郎と吉田鋼太郎が22日、都内で行われた映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開記念イベントに出席。共演者の財前直見により、坂口が現場で肉体美に自信を見せていたことが明かされ、会場は大いに盛り上がった。 累計アクセス数1000万超えのブログを映画化した本作。原作となったブログは書籍化・ドラマ化もされた人気連載で、坂口演じる岩本アキオが息子であることを隠しながら、吉田演じる父・岩本暁とオンラインゲームをプレイする日々が描かれる。イベントには坂口、吉田のほか、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見、野口照夫監督、山本清史監督が出席した。

 同作の反響を聞かれた坂口と吉田は、それぞれSNSをチェックしていたことを告白。坂口は「『坂口健太郎』でも調べるし、『光のお父さん』でも調べます。この作品に携わった者としてうれしいですね。意外とネタバレしないでくれてて、宣伝もしてくれているんです」と笑い、吉田も「僕もエゴサーチをたくさんするほうで、1日5回くらいします。(ドラマ版の)大杉漣さんのイメージがあるので怯えていたんですけど、『鋼太郎さんのも良かった』って言ってくださった方も見受けられたので、ホッとしています」と明かした。

 また、アキオの母親役を演じた財前が、坂口が自身の肉体美について「脱いだらエロいんです」と語っていたことを暴露すると、会場には笑いが。坂口は照れた様子で「ちゃんとお母さんに報告をしてました」とコメントした。

 さらに、印象に残ったシーンについて聞かれた坂口は「対モニターでのクライマックスのシーンはすごく難しそうだなと思っていたんです。チャットの文字だけで感情があふれるって難しいと思ったんですけど、鋼太郎さんが浮かんできて、すんなり感情が出たんですよ。驚きでしたね」と回顧。

 吉田も「お芝居と分かってはいるんですけど、ゲームのシーンで坂口健太郎の顔が浮かんでくるし、お母さんの顔も、(山本)舞香の顔も見えてきてしまう。そうするとたまんない気持ちになってくる。本当にいい映画だなと思いますね」と振り返った。

 最後に吉田は「本日、『ファブル』と重なっておりますが、勝ったんじゃないかと思っております」と同日に舞台挨拶が行われていた映画『ザ・ファブル』に対して勝利宣言。坂口は「とってもいろんな方に響く作品だと思っていますので、みなさんぜひ宣伝をよろしくお願いします」と頭を下げ、イベントを締めくくった。

 『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は公開中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング