たしかに似てる? ロン・ハワード、娘とジェシカ・チャステインを見間違える

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年7月13日 19時30分

たしかに似てる? ジェシカ・チャステイン(左)とロン・ハワード監督の娘ブライス・ダラス・ハワード(C)AFLO

 映画『クリムゾン・ピーク』『モリーズ・ゲーム』の女優ジェシカ・チャステインは映画『ジュラシック・ワールド』シリーズの女優ブライス・ダラス・ハワードとよく間違えられるそうだが、ブライスの実の父であるロン・ハワード監督にもブライスに間違えられたことがあるという。 映画『X‐MEN:ダーク・フェニックス』に出演するジェシカはAP Entertainmentとのインタビューで、「誰に間違えられるか」という質問に「ブライス・ダラス・ハワード」と即答。「ある日、アップルストアにいると、ロン・ハワードもいたの」と、ブライスに間違えられたエピソードを語っている。

 「そばを通りかかった時に、“ロン・ハワードだわ”と思ったのを覚えている」とジェシカ。「その時、一緒にいた友人が教えてくれたの。彼は誰かの方に向き直り、“たった今、ブライスを見た”と言ったそうよ」と説明した。一瞬のことだったそうだが、ジェシカはハワード監督に自己紹介して訂正することはなかったそうだ。

 その後、ジェシカは2011年の映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』でついにブライスとの共演を果たす。初めてのテーブルリード(席についての顔合わせの台本読み)で2人は互いを見ると、どれだけ似ているのか確認したくなったとそうだ。手をつないで「鏡を見に行きましょう」と席を立ち、隣り合わせで互いの顔をチェックしたという。あらためて納得するほど似ていたそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング