三浦春馬&多部未華子、共演は4年おき「オリンピックのような関係」

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年8月21日 20時26分

(左から)『アイネクライネナハトムジーク』完成披露上映会に登場した貫地谷しほり、三浦春馬、多部未華子 クランクイン!

 俳優の三浦春馬が21日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『アイネクライネナハトムジーク』完成披露上映会に出席。イベントでは、三浦と多部未華子との共演がおよそ4年おきであることが明かされ、三浦は多部から「オリンピックのような関係だよね」と言われたことを告白した。 小説家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化した同作。伊坂から「映像化するなら彼しかいない」とラブコールを受けた今泉力哉監督がメガホンをとった。

 イベントには三浦と多部のほか、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造、今泉監督が登壇した。

 三浦と多部の共演がおよそ4年おきだということがMCから明かされると、三浦は「『オリンピックのような関係だよね』って多部さんはおっしゃってくださいましたけど、20歳の頃にここで挨拶させてもらったんです」と、初の共演作での舞台挨拶の会場と、今回の会場が同じことを振り返り感慨深げ。続けて「その頃よりゆとりを持って立てているっていうことに、自分でいうのもなんですけど、成長できているのかなって」と胸を張った。

 一方の多部は、三浦について「安心感がある」とコメント。「次はまた4年後にまたご一緒できたらうれしいなと思います」と冗談めかして言い、会場に笑いが巻き起こった。

 さらに、「ちょっとした幸せを感じる瞬間」を聞かれた三浦と多部。三浦は「最近、俳優の特権だなということに気づきまして。病室とかで寝ているシーンってあるじゃないですか。普通仕事中に人前で寝てることってないじゃないですか。俳優ならではのふとした優越感だなと」と回答。多部は「いっぱいありますね。適当に作ったご飯が意外とおいしいとか、家に帰ったら犬が迎えてくれたりとか、車の中で信じられないくらい大きい声で歌を歌うとか」と笑みを浮かべていた。

 映画『アイネクライネナハトムジーク』は9月20日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング