タロン・エガートン、抜群の歌唱力も「アルバムを出すとかはあり得ないよ(笑)」

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年8月23日 7時0分

タロン・エガートン、『ロケットマン』インタビュー クランクイン!

 世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル映画『ロケットマン』がいよいよ本日より劇場公開となる。主人公のエルトン役を務めるのは、『キングスマン』シリーズでスターダムを駆け上ったウェールズ人俳優のタロン・エガートン。演技だけでなく、エルトンのヒットナンバーを新バージョンで見事に歌い上げ、抜群の歌唱力も披露したタロンに、役づくりの難しさや舞台裏のエピソード、さらにはエルトンの人柄について話を聞いた。 グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録保持者でもあるエルトン。世界で最も有名なミュージシャンの一人であり、生きる「伝説」として誰もがハッキリとしたイメージを抱いている。俳優にとって、とても厳しい条件の中で、「エルトンの派手なパフォーマンスの奥にある“真”の人物像をどう演じればいいのか」。タロンは、悩んだ挙句、直接本人とディスカッションし、同じ時間を過ごす方法を選択した。程なく自宅に招かれたタロンは、衣装を見せてもらったり、未発表の回想録を読ませてもらったり、そのあまりにオープンなエルトンの振る舞いに少々驚いたという。

 「素顔の彼は、とてもユーモアがあって、周りに気配りのできる温かい人。それに、触れてはいけない話題など1つもなかったから、彼と時間を過ごすことができて、とても有意義で楽しかった」と当時を述懐。「自分にどんどん近い存在になり、エルトンに対する思い入れも強くなったので、リアルな実感が湧いてきた。だから、すごく特別な人だけれど、まるで家族のように深い愛情を持って演じることができたと思うよ」と笑顔を見せる。

 また、劇中のタロンは素晴らしい歌唱力を披露しているが、5ヵ月間、歌とピアノのレッスンを受け、役づくりに備えた。そして、世界中で愛されたエルトンの名曲たちを新バージョンでレコーディング。しかもそのスタジオが、あの有名なロンドンのアビー・ロード・スタジオだ。「例えば『ユア・ソング(僕の歌は君の歌)/YOUR SONG』や『アイム・スティル・スタンディング/I’M STILL STANDING』などは、撮影と同時に生で歌った方がよりリアルなシーンが撮れると思ったので現場で録音した。『土曜の夜は僕の生きがい/ SATURDAY NIGHT’S ALRIGHT FOR FIGHTING』のような楽曲は、動きがあってダンサーも大勢いるので、音質や集中力を保つためにスタジオで録音したんだ」と振り返る。 さらにタロンは、「歌詞が映画の物語に寄り添い、それが観客にしっかりと届くように心がけた。つまり、物語を伝える上で、どの音をどこに持ってくるか、ということが、すごく大切な作品だったんだ」と新バージョンにした理由を明かす。ただ、驚いたのは、「エルトンが1度もスタジオを訪れなかった」こと。これについてエルトン本人は、「芸術面で誰かを信じたら、相手がしたいことをできるように完全に自由を与えるんだ。でも、タロンたちが作ったものを聴いた時は、度肝を抜かれたよ!」と称賛の言葉を惜しまない。それだけタロンの歌声が素晴らしかったという証しだと思うが、これを機に歌手デビューするという構想はないのだろうか?「どんなに評価されても、歌手として活動するとか、アルバムを出すとかはあり得ないよ(笑)。あくまでも映画の中で、ほんの少し体験することができた…それに尽きると思うからね」と照れまくり。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング