奇策“アンブレラ・ソード”さく裂! チャン・イーモウ渾身の武侠アクションシーン映像

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年8月24日 13時30分

映画『SHADOW/影武者』場面写真(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

 中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督の最新作『SHADOW/影武者』より、兵士たちが傘布を剣盾に換えた新兵器“アンブレラ・ソード”を、駒(こま)のように高速回転させながら縦横無尽に敵陣を突破する迫力の武侠アクションシーン映像が公開された。 本作は、『三国志』の「荊州争奪戦」をダイナミックにアレンジしたアクションエンターテインメント作品。第75回ベネチア国際映画祭で絶賛され、アジア版アカデミー賞「第13回 ASIAN FILM AWARDS」では最多の4部門受賞。米エンタメ誌「バラエティ」が発表した「2018 最も期待される映画20本」にも選出されている。

 主演は中国を代表する俳優ダン・チャオで、頭脳明敏で武芸の達人でもある沛(ペイ)国の重臣・都督とその影武者の一人二役を演じる。都督の妻は、ダン・チャオと私生活でも夫婦であるスン・リーが演じる。

 時は戦国時代、沛国が領土を敵の炎国に奪われて20年。若くしてトップを継いだ王は、敵と休戦同盟を結び、平和だが屈辱的な日々に甘んじていた。そんな中、重臣・都督(トトク)は敵の将軍にして最強の戦士・楊蒼(ヤン・ツァン)に手合わせを申し込む。彼の勝手な行動に怒り狂う王だが、実は目の前の都督は影武者で、本物の都督は自分の影に敵地での大軍との戦いを命じていた。そして王も、ある作戦を秘めていた―。

 解禁された映像では、軒先の民家に身を潜めて迎え撃つ炎国軍に対し、兵士の数では圧倒的に劣る境州奪還軍が“アンブレラ・ソード”を駆使して縦横無尽に坂を下り、敵陣をくぐり抜ける圧巻のシーンが映し出される。

 腕に弩級を着け、もう一方の手で傘を支え、滑りながら建物の一階から三階の敵軍兵士たちを弩弓で撃ち進む。境州奪還軍が炎国軍と正面対決するシーンでは、“アンブレラ・ソード”を形態変化させ、敵兵士に傘を勢いよく振りかざすと鋭い刃が放たれるという奇策で敵兵士をかく乱する。

 本作でイーモウ監督は、視覚効果とCGをほとんど使わないことを決意。この傘での戦いのシーンは、俳優たちに柔をもって剛を制すような、ダンスのような動きや女性的な仕草が要求されたが、最初なかなか慣れることができず、ゾンビのような動きになってしまったそう。しかし、トレーニングを積み重ねていく中、だんだんコツをつかんでいき、2、3日後には全員が大きな進歩を遂げたと製作スタッフは語る。

 また、監督が掲げた目標の一つ、“クラフトマンシップ”=“職人技への回帰”にのっとり、武器の制作では、中国の素材を選んで、中国の伝統を表現することに注力。傘の表面には何ヵ月もかけ中国の文化を思わせる飾りを付けを行い、本作の映像のトーンである中国の水墨画に合わせてモノクロを基調にするなど、“中国らしさ”を打ち出すことに強いこだわりを感じさせる仕上がりとなっている。

 映画『SHADOW/影武者』は9月6日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング