『キングスマン』新作、誕生の秘話が明かされるアクション満載本予告解禁

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年10月17日 7時0分

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』場面写真(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 大ヒットシリーズ『キングスマン』の最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』の日本公開日が2020年2月14日に決定。スパイ組織“キングスマン”の誕生秘話を明かすアクション満載の予告編が解禁された。 タロン・エガートンとコリン・ファース演じるスパイエージェントの活躍を描いたシリーズ1作目の『キングスマン』が全世界興行収入455億円を記録、その続編となる『キングスマン:ゴールデン・サークル』が452億円の大ヒットとなったシリーズの最新作となる本作は、表向きは高級紳士服テーラー、裏の顔は世界最強の超過激スパイ組織“キングスマン”の誕生秘話を描く。映画『007 スペクター』や『ハリー・ポッター』シリーズの俳優レイフ・ファインズがオックスフォード公役、若手俳優のハリス・ディキンソンがコンラッド役で出演。監督はマシュー・ヴォーンが過去2作品に続き務める。

 予告編は、一面の焼け野原と、暗闇の中で暗躍するガスマスク集団のバトルから開幕。派手な爆発が起きたかと思えば、大量の金塊が眠る巨大な倉庫も登場し、本作でも激しいアクション&英国紳士たちの豪華絢爛な演出を期待させる。豪邸に飛行機で降り立つオックスフォード公(ファインズ)から「世界が燃え尽きる。止める方法があるかね?」と聞かれたコンラッド(ディキンソン)は、「きっとある」と答える。シリーズおなじみの高級紳士服テーラーの前に降り立ったコンラッドは、真新しいスーツと靴やカフスを手に入れ、本棚の隠し扉から現れる秘密の部屋で女性(ジェマ・アータートン)から「ようこそキングスマンへ」と歓迎を受ける。

 時代は第一次世界大戦の勃発前夜。イギリス、フランス、ロシアと、ヨーロッパの大国で陰謀が渦巻く中、豪華な舞踏会に現れる怪僧ラスプーチン(リス・エヴァンス)を前に、ついに“キングスマン”が動き出す。アップテンポな音楽と共に、つえを武器に華麗なアクションが展開。毒殺と思わしきシーンや、秘密の工場で大量生産される武器たち、マシンガンを相手にギリギリの戦いを繰り広げるシーン、そしてついに仲間(ジャイモン・フンスー)と共にラスプーチンを追い詰める一幕が…。

 10月3日(現地時間)にニューヨークで開催されたニューヨーク・コミコンには、ヴォーン監督、ファインズ、ディキンソンらが登壇。ヴォーン監督は「キングスマンが誕生した時代を描く愉快で壮大なアドベンチャー映画を世界が求めていると思ったんだ」と語り、ファインズも「マシュー監督はエモーショナルな関係、哀愁、アクション、そしてユーモアを絶妙に組み合わせている。ドラマチックでシリアスな悲劇的な部分と、軽くて皮肉的な部分があって、挑戦的で、とてもおもしろいよ」とのコメントを寄せた。

 映画『キングスマン:ファースト・エージェント』は2020年2月14日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング