トム・フェルトン、昔の“ドラコ”姿に「年を取るってキツいね」と自虐 “ネヴィル”がすかさず反応

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年11月17日 8時0分

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の時のトム・フェルトンとマシュー・ルイス(左側)(C)AFLO

 映画『ハリー・ポッター』シリーズのドラコ・マルフォイ役で知られる俳優のトム・フェルトンが、若かりしローティーンの頃の自分の姿を見て嘆くと、ネヴィル・ロングボトム役の俳優マシュー・ルイスが反応して、ファンを沸かせた。 今年の9月に32歳になったトムは最近、カナダのトロントを訪れた模様。場所の詳細は不明だが、スリザリンのローブを身に着けた初期のドラコが、ガンを飛ばすような表情を浮かべている写真のプリントの横に立ち、親指で指し示している写真を自身のインスタグラムに投稿した。同じスリザリンのローブを羽織ったトムは、額にしわを寄せてちょっぴり浮かない様子だ。

 キャプションに「年を取るってキツいね」とつづったトムに対し、マシューは「お前と一緒にするなよ」とコメント。『ハリー・ポッター』シリーズの中では、トム演じるドラコがマシュー扮するネヴィルをいじめていたが、当時ぽっちゃり気味だったマシューは大人になりイケメンマッチョに成長。そんなマシューの反応には2万6000件以上の「いいね!」がついた。

 シリーズでジョージ・ウィーズリーを演じた俳優のオリヴァー・フェルプスも、“爆笑”の絵文字を送るなど、トムのひと言でハリポタの輪が広がっていった。

 トムの写真には投稿から4日間で120万件以上の「いいね!」が付き、ファンからは「そんなことないよ! 君は高級なワインと同じさ」「今でもステキだけどね」「10点満点のコスプレ」といった反響が寄せられている。

 映画シリーズ終了から8年経った今も、トムたちの間に交流があるのはほほ笑ましいばかりだ。

引用:「トム・フェルトン」インスタグラム(@t22felton)
   「マシュー・ルイス」インスタグラム(@mattdavelewis)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング