セクシー&エレガントなキャサリン妃、黒レースのドレス姿で魅了

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2019年11月24日 8時0分

キャサリン妃(C)Zeta Image

 英王室のファッションアイコン、キャサリン妃が先頃、英ロンドン・パラディウム・シアターで行われたチャリティイベント「ロイヤル・バラエティー・パフォーマンス」にウィリアム王子と出席。お気に入りのデザイナー、アレキサンダー・マクイーンのセクシーなドレス姿を披露した。 Mail Onlineによると、毎年、行われるこのイベントにキャサリン妃とウィリアム王子が出席したのは2年ぶり。キャサリン妃はヌードカラーの生地に黒のレースを重ねたシアードレスでほかのゲストを魅了した。

 今回のドレスは深めのハート形の切り込みが入ったスイートハート・ネックラインと、背中が開いているデザイン。いつものキャサリン妃より、ちょっぴり露出が多めだ。キャサリン妃はネックレスを着けずに美しいデコルテを披露しつつ、柔らかな巻き髪をおろして露出しすぎないように気を配ったようだ。

 ドレスはウエストまでがピタリとフィットし、キャサリン妃のスタイルの良さを強調している。ウエストから下は、ゆったりとしたフレアになっており、セクシーかつエレガントだ。

 公式インスタグラムに投稿されたイベントの写真には、ファンからたくさんのハートマークや笑顔の絵文字と共に、「ケイト(キャサリン妃の愛称)はとても美しくて、何よりも気品にあふれている。家族に尽くし、自分が引き受けた役割に貢献している。彼女は何事も的確にできる人ね」「品格が漂ってる」といった称賛が寄せられている。

引用:「ケンジントン宮殿」インスタグラム(@kensingtonroyal)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング