東出昌大がナビゲート!『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』公開決定

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2020年1月8日 8時0分

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』ポスタービジュアル(C)2020 映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会

 1969年に東京大学で行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との討論会の様子を切り取り、三島の生き様を映したドキュメンタリー映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』が、3月20日より全国公開されることが決定。併せて、ナビゲーターを俳優の東出昌大が務めることも発表された。 本作は、1969年5月13日に東大駒場キャンパス900番教室で行われた「三島由紀夫 VS 東大全共闘」の討論会の記録を高精細映像にリストアし、当時の関係者や現代の文学者、ジャーナリストなどの識者ほか、三島由紀夫についての「生きた」証言を集めたドキュメンタリー作品。 監督は豊島圭介が務める。

 当時、武装化していた東大全共闘ら1000人を超える学生が集まる討論会に、警視庁の警護の申し出を断り単身で赴いた三島。そして行われた討論会は2時間半にも及んだ。2019年、その討論会を収めた貴重な記録映像のフィルム原盤が倉庫から発見された。修復されよみがえった映像から浮かび上がったのは、まばゆい輝きを放つ三島の姿だった。

 ナビゲーターを務める東出は、三島が書き上げた日に生涯を閉じた“最後の”長編小説『豊饒の海』の舞台化にも出演し、多くの三島作品を読破してきた。三島を「不世出の天才」と語る東出は「三島と同窓の豊島監督が、どのような視点で映像作品にされるのか、大変興味がありました。『討論 三島由紀夫vs東大全共闘』は以前拝読しましたが、映像作品化される事によってよりスムーズに、この時代、日本人、現代を再考し、発見が生まれる機会が得られる事を期待しております」とのコメントを寄せている。

 併せて解禁された特報映像では、三島が「私は安心している人間が嫌いなので」とたんかを切る様子や、三島に情熱的に相対する当時の学生らの姿も確認できる。「言霊を私は残して去っていく」と訴えかける三島が、学生に残したものとは―?

 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』は3月20日より全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング