デヴィッド・ベッカム、予算は1300万円? 長男の21歳バースデーを盛大に祝福

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2020年3月14日 8時0分

(左から)デヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム、長男ブルックリン・ベッカム(C)Zeta Image

 イギリスの元プロサッカー選手のデヴィッド・ベッカムと、元スパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカムが10万ポンド(約1300万円)を投じて、長男のブルックリンの21歳の誕生日を盛大に祝福したという。Mail OnlineやMirrorなどの海外メディアが報じた。 3月4日に21歳の誕生日を迎えたブルックリン。かたわらには父デヴィッドと母ヴィクトリア、弟のロメオとクルス、妹のハーパーちゃんはもちろん、ブルックリンと熱愛中の女優のニコラ・ペルツの姿もあった。

 パーティーは日本食がメインだった模様。Mail Onlineによると、デヴィッドはインスタグラム・ストーリーで、日本の会員制レストラン「WAGYUMAFIA(和牛マフィア」の浜田寿人氏らが140ポンド(約1万8000円)の和牛カツサンドをパフォーマンスしながら振る舞う姿や、和牛ステーキ・ハンバーガー、キャビア入りのちらし寿司などが目の前で作られている様子を投稿したという。

 動画には、ローソクの灯ったバースデーケーキを前に、はにかむブルックリンの姿もあり、家族や友人の愛に包まれてハッピーな一日を過ごしたようだ。しかし祝福はそれだけに留まらず、別の日にはベッカム家のコッツウォルズの邸宅で、英ラッパーのストームジーのパフォーマンス付きパーティーが開催されたという。

 バースデーボーイのブルックリンは、誕生日パーティーの写真を自身のインスタグラムに投稿し、「昨日は最高のパーティーを開いてくれたママとパパに感謝する。忘れられない夜に一緒にいてくれた友達のみんなもありがとう」と、感謝を言葉にした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング