お弁当もお財布も入る中川政七商店のコンビニ"専用"エコバッグ

イエモネ / 2020年10月23日 12時30分

iemone.jp

お買い物のときにはエコバッグ持参が当たり前になりつつある世の中ですが、どんな形でどんな大きさのものを選ぶのがよいかは意外と悩ましい。ちょっとした買い物に大きくて保冷用のしっかりしたバッグは使いづらいし、しっかり買い物をするのに小さいエコバッグしか持っていなかったときの絶望感といったら・・・。でも、もし、あなたのお買い物場所が主にコンビニだったり、コンビニ好きなのだとしたら、このバッグがきっと重宝します。中川政七商店の「コンビニ"専用"エコバッグ」。



お魚やお肉、野菜などを買うのなら保冷用、ケーキなら安心して持ち運べるマチ付き、お花ならちょっと長めのもの・・・買うものやお店によってエコバッグを使いわけられればいいけれど、実際にはなかなか難しい。



でも、コンビニでの買い物をよくするのなら、コンビニ"専用"エコバッグがいいと思うのです。



コンビニに出かけるときに最適なエコバッグ

手提げとエコバッグの2Wayで使える!

中川政七商店の新作「コンビニエコバッグ」は、その名の通り、コンビニでお買い物をする人のために作られたエコバッグです。



内部には仕切りが設けられ、お財布やスマートフォンなどの必需品を入れることができ、コンビニに向かう時は手提げ袋として最低限のものを持ってお出かけすることができます。

そして、買い物をした後は、必需品が内ポケットに入ったまま、お弁当やペットボトルを入れることができるマチ付きの「エコバッグ」に変身。2Wayで利用可能なのです!



使い勝手もいい

手提げにはお財布やスマホ、鍵を入れて

手提げバッグの状態では、縦26㎝×横17㎝の大きさで「ちょっとそこまで」の移動に便利なコンパクトサイズ。



ちょっとそこまで・・・

長財布もすっぽりと収まる縦長の形や、腕にかけた状態で荷物を出し入れできる長めの持ち手など、使い勝手のよさにこだわりがあります。



広げればコンビニで買い物したものが入るマチ付きエコバッグに

買い物をした後は、内ポケットに収納した本体を広げるだけでエコバッグに変身。マチをたっぷりとった縦26×横40×幅16cmの横長サイズで、お弁当をそのまま入れても崩れません。



お弁当が平置きできます

内ポケットは仕切りが付いた“二重構造”のため、手提げ袋の中身を取り出して、荷物を入れ直す必要はありません。



建設資材にも使われる丈夫な素材

丈夫な素材!

毎日のように利用するコンビニだからこそ、袋にも丈夫さが必要。



「コンビニエコバッグ」は、建築資材にも使われるポリエチレン素材(タイベック生地)を活かし、引き裂き・摩擦に強いだけでなく、撥水性の高さや耐荷重8.4kgの強度が実現されています。



23gと軽いためバッグに入れて気軽に持ち運ぶことが可能。



また、和紙のような風合いと柔らかな手触りは、使うほどに愛着のわく生地となっています。



コンビニに行く時はコンビニのために作られたエコバッグで。
これぞまさに適材適所ですね。

お弁当やヨーグルトは傾くと悲しいので、しっかりしたマチ付きのエコバッグに入れたい。

だから、コンビニエコバッグ!



コンビニラバーなら、1つ持っておいても損はないですよ~。



商品名:コンビニエコバッグ
価格:2,420円(税込)
URL>>>https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/g/g4547639689986/



画像提供:中川政七商店



>>>【ランキング】みんなが愛用するエコバッグはどこのバッグ?100人に聞いたおすすめエコバッグはこれ!



>>>【最新エコバッグまとめ】小さい折りたたみ式から有名ブランドまで 注目のエコバッグ21選



>>>雨の日はバッグカバー、晴れの日はエコバッグ。便利すぎるルートートのはっ水加工トートバッグ




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング