【成城石井 新商品ルポ】大粒の栗が至福。甘さひかえめがうれしい「マロンづくしのチーズケーキ」

イエモネ / 2020年11月11日 15時0分

iemone.jp

秋も深まり、モンブランや栗スイーツを味わえるのも後少しの間。後悔しないために、心ゆくまで味わい尽くしておきたいですよね。今回ご紹介するのは、「成城石井自家製 マロンづくしのチーズケーキ」。栗の風味豊かなのに甘さひかえめ、まさに大人のための秋のデザート。栗スイーツ好きも、チーズケーキ好きも要チェックの一品ですよ〜。実食ルポでご紹介。



「成城石井自家製 マロンづくしのチーズケーキ」



成城石井といえばまず思い浮かぶ人気No.1スイーツは、「成城石井自家製 プレミアムチーズケーキ」ですよね。今回の実食ルポは、そのプレミアムチーズケーキと同じサイズの期間限定スイーツ、「成城石井自家製 マロンづくしのチーズケーキ」です。





マロンクリームの上にかかったシュガーパウダーが、木に舞い落ちた粉雪のようです。まさに、冬の到来を感じさせる、ちょっとホリデー気分の秋スイーツと言えるでしょう。





マロンクリームの上には、大きな栗が6つ、ごろりとのっています。これは絶対おいしいに決まってる!





箱はパカっと開くようになっていて、そのままカットすることもできるので便利。手土産にも喜ばれそうです。



実食!栗づくしのチーズケーキの実力は?



それでは早速いただいてみましょう〜。カットすると、断面があまりにきれいで思わず声が漏れてしまいました。



「美しい・・・」



土台の生地にも、フロマージュやマロンクリームにもある程度のかたさがあるので、とても美しくカットできました。



これは、おもてなしで盛り付けるときにもうれしいポイント。





まずはずっと気になっていた、マロンのシロップ漬けから。この甘さと風味のなんと上品なこと・・・。ついうっとりと遠くを見つめたくなる味わいです。お酒は入っていませんが、香りのせいかとても大人なテイスト。





次に、パウンド生地とフロマージュ生地、マロンクリームの層を一気にいただいてみます!



きび糖を使ったパウンド生地はほんのりとした甘さでやさしい風味ですが、想像よりもしっとりとしていて、食べ応えがあります。



ココナッツクリームを使用したフロマージュ生地も甘さひかえめですが、ゆっくり味わううちに、こっくりと奥深い甘さを感じます。チーズケーキっぽさはあまり感じないので、チーズケーキとして、というより栗スイーツとしていただいた方が満足感は高いと思います。



バターとマロンペーストを合わせたマロンクリームは濃厚で、一口で栗の香りが口いっぱいに広がります。う〜ん、秋ですねえ。



全体的に甘すぎない大人テイストに仕上がっているので、重すぎずペロリといただけて満足度大。



冬を待つ晩秋の今の季節にぴったりのスイーツですよ〜。




成城石井自家製 マロンづくしのチーズケーキ
1本 990円(税抜)要冷蔵
消費期限 筆者が購入したときは購入日含め3日間でした



※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。



[All Photos by イエモネ編集部]



>>>成城石井マニア100人が選んだ人気リピ商品ランキング【実食おすすめ30選も】2020最新版



>>>【成城石井】これ全部食べて糖質はおにぎり1個以下!ロカボフェアがすんごい



>>>【モンブラン2020ランキング】すべて実食!今年食べるべきモンブランTOP7




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング