まいたけを食べて免疫力アップ!簡単おいしく「まい足し®」レシピ

イエモネ / 2020年9月6日 12時30分

iemone.jp

コロナ禍で猛暑が続く日々ですが、実は今、まいたけが注目されているのはみなさんご存知ですか?まいたけに含まれるビタミンDを摂取することによって免疫力アップなど、様々な効果を得ることができるのです。今回雪国まいたけ主催のセミナーで、免疫力アップのためのまいたけレシピを教えてもらいました。早速ご紹介していきます!



ビタミンDの知られざるパワー!

shutterstock.com

女子栄養大学栄養学部の上西一弘教授によると、ビタミンDは体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退する免疫のサポートをしてくれます。つまりビタミンDを取り続ければ、風邪を引きにくい身体になるとのこと。



日本人はビタミンDが不足している?

今まで日本人の1日当たりのビタミンD摂取基準は5.5μgでしたが、2020年から8.5μgに引き上げられました。引き上げられた結果、国民の半数が目安に達していなくなってしまいました。



他にもビタミンDが豊富に含まれるサケやサンマなどの魚が食べられなくなってしまったことも日本人のビタミンD不足の一因にもなっています。



どうやってビタミンDを摂ったらいい?

shutterstock.com

ビタミンDは紫外線が皮膚にあたるとできますが、紫外線対策をしている人が増え、それがビタミンD不足の一因になってしまっているとのこと。



手のひらを太陽に10分かざすとビタミンDは作られるとのことですが、それを毎日するのはなかなか難しい・・・。やっぱり食事で摂取するのが一番いい方法ですね。



まいたけを食べよう!

shutterstock.com

食事で効率よくビタミンDを摂取するにはまいたけがおすすめ!と上西教授は言います。



まいたけには、免疫力をキープするだけではなく、血糖値の上昇をゆるやかにし、血中コレステロールを上げない作用があるとのこと。まいたけはどんな料理とも相性がよく、無理なく1年中食べることができますね。



猛暑を乗り切る!簡単まい足し®レシピ

(C)雪国まいたけ

まいたけはビタミンDやナイアシン、βグルカンなどが含まれ、栄養満点なのに低糖質で低カロリー!猛暑に負けない身体をつくり、暑い夏でもまいたけをプラスするだけで、パパっと簡単においしく調理できるまいたけレシピを管理栄養士の浅野まみこ先生に教えてもらいました!



まいたけとサバのトマト炊き込みごはん

(C)雪国まいたけ

包丁も火も使わず、炊飯器だけで作れるレシピです。



ビタミンDが豊富なまいたけ、サバ缶を使い、抗酸化作用のあるリコピン、粘膜を保護し免疫を高めるβカロテンを含むトマトを組み合わせることで、免疫力アップが期待できる夏にぴったりの炊き込みご飯です。




材料(4人分)



まいたけ:1パック(100g)サバの水煮缶:1缶(固形量100g)トマト:中1個米:2合白だし:大さじ2塩:ひとつまみ万能ねぎ:適量


作り方
① トマトはヘタを取り、万能ねぎは小口切りにする。
② 研いだ米を炊飯器に入れ、サバの水煮缶を汁ごと入れる。白だし、塩を加え、トマトは丸ごと中央に入れ、まいたけは手でちぎって入れる。炊飯器の2合目まで水を加えて炊飯する。
※炊飯器によりますが、モードが選択できるならば炊き込みご飯モードで。
③ 炊きあがったら、トマトをくずしながらざっくりと混ぜ合わせ、器に盛りつける。お好みで万能ねぎをちらせば完成。



作り置きまいたけそぼろ

(C)雪国まいたけ

まいたけの香りと、お肉のうまみが相性バツグン。ボリューム満点で低カロリーなヘルシーそぼろです。冷蔵で3日、冷凍で約7日ほど保存がきくのでいつものレシピに簡単にプラスすることができますね。




材料(作りやすい分量)



まいたけ:1パック(100g)
豚ひき肉:200g
サラダ油:大さじ1/2
調味料A:酒大さじ1・オイスターソース大さじ1・醬油大さじ1
黒コショウ:少々
中国山椒(花山椒):お好みで




作り方



① まいたけはみじん切りにする。
② フライパンにサラダ油を引き、まいたけと豚ひき肉を中火で炒める。
③ 豚ひき肉に火が通ったら調味料Aを加えて炒め、黒コショウとお好みで花山椒を加えてパラパラになるまで炒めれば完成。




まいたけそぼろのスパイシー春雨サラダ

(C)雪国まいたけ


材料(4人分)



作り置きまいたけそぼろ:半量
きゅうり:1/3本
水菜:1束(60g)
赤玉ねぎ:1/6個(40g)
春雨(乾):20g
ミント:お好みで
まいたけ:1/2パック
パプリカ:1/4個
調味料A:しょうがみじん切り大さじ1・酢大さじ3・砂糖小さじ1、ごま油大さじ1と1/2
ナンプラー小さじ1・輪切り唐辛子(お好みで)




作り方



① きゅうりは縦半分に切り、斜め切り。水菜は3cm幅に切る。赤玉ねぎは、繊維にそってスライスして水にさらす。春雨は熱湯を回しかけ、戻しておく。ミントは茎を取り除く。
② フライパンを中火で熱し、手でほぐしたまいたけ、乱切りにしたパプリカ、「作り置きまいたけそぼろ」を加え、炒める。あらかじめ混ぜておいた調味料Aを回しかけ、火を止める
③ 1の野菜と春雨をボウルに入れ、2を加えてざっくりと和え、器に盛る。




まいたけで元気な身体に!

shutterstock.com

様々な料理に活用できるまいたけをおいしく食べて、猛暑にも負けず、風邪にも負けない身体を作っていきましょう!



>>>ウイルス感染予防には免疫力アップを!一日150gのまいたけのパワーとは?食べ切るレシピ付き



>>>【業務スーパー】おいしすぎて秒でなくなる!と話題の「6種類の具材入りビビンバ」



>>>カルディマニア100人が選んだ人気商品ランキング【実食おすすめ30選も】2020最新版




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング