馬具の一つ“ビット”をモチーフにしたアクセサリー

IGNITE / 2018年3月23日 7時0分

写真

馬具の一つであり、紀元前3500年頃から使用されていると言われる“ビット(くつわ)”。

常に新しいユニセックスジュエリー、アクセサリーを提案するJAM HOME MADEは、ビッグサイズのビットをモチーフとしたアクセサリーシリーズを2018年3月24日(土)より新発売する。

馬には前歯と奥歯の間に、歯が生えない部分(歯槽間縁)があり、この部分にビットをかませ、両端を騎手が持つ手綱と接続することで、馬を乗用動物として移動手段に用いることが可能になった。

ビットは騎手と馬の意思伝達の接点ともなっており、JAM HOME MADEの今季のコレクションでは、的確な制御を司るビットを、自分自身をコントロールするお守りとしてデザインモチーフにした。
今や普遍的なアイコンとしてファッションアイテムの装飾に用いられ、乗馬という品格あるスポーツのアイテムであることからも上品なイメージのあるビットを、ビッグサイズで大胆に使用することで新鮮な印象を持たせている。

BRACELET

 インポートレザー<ブッテーロ>にビットをセッティングしたブレスレット。
<ブッテーロ>は1974年、イタリアのトスカーナにてマウロ・サーニ(Mauro Sani)により創業された名門ブランドであり、今や最高級レザーの代名詞にもなっている。
ブレスレットの留め具には、日本の足袋に使われる「こはぜ」を採用。
この「こはぜ」の仕様は、シンプルでミニマムなルックスに貢献するにとどまらず、着用時に厚みが生じにくく、また肌に当たる内側に金属部分が露出しないことで着け心地の良さにもこだわったディテールとなっている。

WALLET CHAIN

 ビッグサイズのビットを大胆に連結させたウォレットチェーンは、シンプルなスタイリングのポイントとなるインパクトのあるアイテム。
パーツの取り外しが可能なため、組み合わせを変えることで長さの調節が可能で、キーホルダーとしても使用できる。
チェーンの端の接続パーツ部分に用いた、ブランドのアイコンであるセーフティピンモチーフもポイントだ。

■『BIT SERIES』概要
□BIT LEATHER BRACELET
カラー展開:ブラック、ブラウン、グリーン
素材:牛革、メタル
価格:Mサイズ 12,000円、Lサイズ 16,000円 / (全て税抜)
□BIT WALLET CHAIN
素材:メタル、真鍮
価格:15,000円 / (税抜)

【販売先】
JAM HOME MADE東京店
JAM HOME MADE阪急メンズ大阪店
JAM HOME MADEオンラインショップ: https://www.jamhomemadeonlineshop.com/
JAM HOME MADE ZOZOTOWNショップ:http://zozo.jp/shop/jamhomemade

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング