まるで人の手!“さすり”から“たたき”まで。体の部位を選ばないやさしいマッサージャー

IGNITE / 2018年5月17日 22時30分

写真

デスクワークが中心で肩が凝ったり、週末に趣味のフットサルやテニスで筋肉痛になったりと、何かと疲労がたまりやすいビジネスパーソン。「さすり」「たたき」など1台で多数の機能がついたハンディドクターが、さらにバリエーション豊かになって、5月中旬に新登場。

「ハンディドクターⅡ」は、シリコンカップもしくはウレタンパッドを本体に接続することで、マッサージの強度、効果、使い方などを変えることができる画期的な家庭用マッサージ器だ。管理医療機器の認証を得ているので、効果もかなり期待できる。

「さすり」「たたき」「強めのさすり」「強めのたたき」と、調節可能なので、今までマッサージ機は痛くて敬遠していたという人も安心して使うことができる。

シリコンカップは大・小2サイズ。シリコンカップを正面から体に当ててさすれば、人の手の動きのようなさすりマッサージが体感できる。シリコンは柔らかいので、ヒジ、ヒザ、鎖骨周りなど、これまでのマッサージ器では痛くて使えなかった骨周りの部分も、やさしく解してくれる。

また、シリコンカップの側面を体に当てれば、優しく叩くような感覚で筋肉を解してくれる。

ハンディドクターⅡで加えられたウレタンパッドでは、シリコンでは届かない深部の筋肉に対応し、強めのさすりも可能に。ウレタンパッドの側面を体に当てると強めのたたきが体験できる。足裏などの固い部位、また肩こりやスポーツなどの疲労が蓄積した部位にも最適だ。

自分用にはもちろん、父の日のプレゼントにもおすすめしたい。

(Takako.S)

ハンディドクターII
価格:10800円(税込み)
本 体 寸 法(約):W200×D80×H155mm
質 量(約):約840g(ACアダプター含む)カップ 大 4 6 g 、カップ 小 2 4 g 、パッド 4 5 g
コード長:約1.8m
http://shop-twins.shop-pro.jp/?pid=94235580

IGNITE

トピックスRSS

ランキング