自らの発想を形にする「DCMブランド 手工具シリーズ」

IGNITE / 2018年7月24日 21時0分

写真

自らの手でものを修繕したり、新しいものを作り出す「DIY」は、自分だけの世界、自分だけのオリジナリティーを楽しむことができるとして、近年では老若男女を問わず幅広く人気を集めている。

最近ではインテリアはもちろん雑貨やアクセサリーなど、ホビー・クラフトの分野まで、様々なスタイルでDIYを楽しむ「DIYer」が増えており、趣味として自分で作る醍醐味を楽しむ人が増えている。

ホームセンター業界最大手のDCMホールディングスは、家庭でDIYを楽しむための様々な手工具を取り揃えた「DCMブランド 手工具シリーズ」を全国の店舗にて販売開始した。

「DCMブランド 手工具シリーズ」は、DIYを趣味とする女性モニターの協力を得て使用感やデザインなど「DIYer」ならではのニーズに注目して開発に取り組み、DIY初心者でも楽しめる手工具として誕生した。

「DIYer」必携の鋸やコンベックス、ペンチやニッパーなどの手工具をオリジナルブランドとして展開。「DIYer」からあがった多くの要望に応え、使いやすさだけでなく、統一感のあるデザインにもこだわっている。

デザインと実用性を兼ね備え、使い心地にこだわった「コンベックス」(321円)は、オートロック機能付きのオリジナル商品だ。

特殊な目立て技術により、切れ味と切断面のきれいさの両方を追求した「ピラニア鋸」(1382円)は、「多用途鋸」と「細工鋸」の特徴を併せ持つ。安全面、収納性を配慮した「樹脂ケース」も付いている。

サビに強く、インテリア性の高いオールステンレス仕様の「ラジオペンチ」「ニッパー」(969円)は、ホビー・クラフト作業に適した小型サイズ。DIYだけでなく釣りの仕掛け作り等、幅広いシーンで活用することができる。

「DCMブランド 手工具シリーズ」で、自らの発想を活かしてオリジナリティー豊かなモノづくりを楽しみながら、有意義な時間を作り出してみては。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング