【大丸東京】こだわりの「もなか」を敬老の日に贈ろう!

IGNITE / 2018年9月15日 17時0分

写真

9月17日は敬老の日。日頃なかなか会えなくても、感謝や「お元気ですか?」という気持ちを込めて贈り物をしたい。そんな、贈り物の先に見える笑顔を想いながら選ぶ楽しみ。「大丸東京店」の和菓子売場から、バイヤー厳選するシンプルながらどのブランドにもこだわりがはっきりと出る「最中(もなか)」を紹介する。

■エース級もなか:揚最中
毎日600個以上売れるエース級最中!ごま油で揚げた、パリッと香ばしいほのかな塩気の皮と上品な甘さの餡の絶妙な組み合わせ。

〈駒込 中里〉1,236円(6個入)

■新作もなか:あいさつ最中
とよみ大納言を使用した自慢の餡を、たっぷり詰めたハート型がなんとも可愛らしい最中。実は握手をして挨拶をしている姿だ。

〈清月堂本店〉1,200円(6個入)

■縁起もなか:富久最中
最中種の表がおかめ、裏がひょっとこに模った、縁起のよい最中。お祝いごとにおすすめ。素材は青野自家製のつぶ餡で、生地は国産もち米でしっとり、もっちり。

〈赤坂青野〉129円(1個)

■大人気栗もなか:姫栗もなか
コロンと小ぶりながら、刻み栗も餡もぎっしり!一緒に炊き合わせよくなじんだ栗と餡、さくさくの香ばしい皮、人気の最中だ。

〈銀座あけぼの〉1,166円(8個入)

■かわいい手作りもなか:手作り最中
国産のもち米、北海道十産の小豆を使用。パリッとした香ばしい皮に、好みの量の餡を詰めていただく。

〈福砂屋〉1,620円(16個入)

■楽しい手作りもなか:最中日和
国内産100%の米と、北海道産大納言小豆を使用した特製最中。パリッと香ばしい最中とやわらかな餡の食感が楽しめる。

〈船橋屋〉1,780円(8個入)

■老舗の愛あるもなか:大石最中
大納言小豆を丁寧に炊き上げた、ふっくらつやつやのつぶ餡がぎっしり!味も大きさも大満足。十字の切れ目もやさしさだ。

〈叶 匠壽庵〉172円(1個)

■玉子型の手作りもなか:玉乃子あわせ
いつでも作りたてのサクッとした食感と芳ばしさが楽しめる。かわいい玉子型の最中種と、あんは黒胡麻と小倉の2種類。

〈銀座たまや〉520円(4個入)

※表示価格は全て消費税込価格。

長く人気を誇る老舗のもなかをはじめ、手作りもなかはアイスや生クリームをトッピングしても楽しいこと間違いなし!今年は一緒に楽しんでみては?

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング