電動化を進めるメルセデス・ベンツから、Sクラスの「EQ POWER」が登場

IGNITE / 2019年1月12日 19時0分

写真

メルセデス・ベンツの電動化が、粛々と、着実に進められている。

新ブランド「EQ」では、ピュアEVを「EQ」、プラグインハイブリッドを「EQ POWER」、F1の技術と電動化技術を組み合わせた「EQ POWER+」、水素燃料電池車の「F-CELL」とカテゴライズして、技術力の高さをアピールしながらステップアップを続けている。

すでに日本で普及が始まっているのは、プラグインハイブリッドの「EQ POWER」。そして、去る12月には「Eクラス」「GLC」「GLCクーペ」に続いて、「Sクラス」にもEQ POWERモデルが設定された。

「S 560 e ロング」は、エンジンやモーターの出力向上とともに、リチウムイオンバッテリーの蓄電容量も大幅に向上。EV走行換算距離=40.1kmを達成するなど、プラグインハイブリッドとしての使い勝手を向上させている。

搭載するパワートレーンは、3.0リッターV6直噴ツインターボ(367ps/500Nm)+電気モーター(122ps/440Nm)。システム全体の最高出力は476ps、最大トルクは700Nmにもなり、圧巻かつスムーズな加速を実現している。また、時速130kmまではモーターのみでの走行も可能だ。

組み合わせる13.5kWhのリチウムイオンバッテリーは、将来のEQ POWERモデルを見据えた最新型。2014年~2017年に発売されていた「S 550 e ロング」から約55%も容量を増やしながら、小型化も同時に進められている。

ドライブモードは「ハイブリッド」「E-MODE」「E-SAVE」「チャージ」などからセレクト可能で、シーンに合わせた多様な走りが愉しめる。

2つの機能を有するアクセルペダルも知性派だ。EV走行モードの際、エンジンも始動してしまうポイントをペダルの抵抗を増やしてドライバーに知らせたり(プレッシャポイント機能)、 レーダーで先行車との車間距離と速度差を計測し、不要な加速操作を行っている場合にペダルの振動で知らせたりする(ダブルパルス機能)。

価格は1,697万円。現在は、純正の充電用ウォールユニット(13万8,000円)ならびに設置工事費(10万円)が無料となるキャンペーンが実施されている。

(zlatan)

画像元:メルセデス・ベンツ日本

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング