東京・奥多摩で一棟貸切グランピング!上質な空間で、時間を忘れてリフレッシュ

IGNITE / 2019年1月31日 7時0分

写真

常に時間に追われることが多い現代社会。そんなときこそ、ゆっくりと寛ぐ時間をつくってほしい。

上質な貸別荘やグランピング、古民家など個性豊かな宿泊施設のレンタルを行う予約サイト「一休.com」では、東京の森の奥深くひっそりと佇むアウトドアフィールド「Circus Outdoor TOKYO(サーカス アウトドア トウキョウ)」の予約受付を開始。

時間に追われる日常を忘れ、普段できないようなぜいたくな時間の使い方をして頭をリセットし、時計の針がいつもよりゆっくり刻むような不思議なひと時を提供する。

■最上級のおもてなしとデジタルデトックスで寛ぎの時間を

フィールドでは、四季折々の奥多摩の大自然を体感しながら、200年前の万年筆と便箋を使って手紙をしたためられる「森で綴る時間」といったアクティビティなどが、基本的にオールインクルーシブの料金内で利用できる。

専属シェフによるディナー・ブレックファーストもプラン料金に含まれており、手ぶらで充実した時間を過ごせるのが魅力だ。

また、携帯電話などをレセプションに預けてデジタルデトックスをしながら、大切な人との「何もしない事をする」時間を過ごすことも可能。

なお、携帯電話を預けた人には、滞在中のヒトコマを撮影する特別サービスを提供する。

■「サーカス」のコンセプトに沿った5つのラグジュアリーな部屋

「Circus Outdoor TOKYO」には、名前の由来になっている「サーカス」に紐づけたコンセプトを持つ5つの部屋を用意。

それぞれの部屋は「サーカス団長控え室」「サーカス団の衣装チームの部屋」「サーカスを視察に来た重要人物の迎賓用」といったコンセプトに沿ったデザイン・内装に仕上げた。

最高ランクの部屋「Royal Griffin」は、一休のゴールド会員以上のみが予約できる特別プランだ。

■奥多摩の大自然で最高級のおもてなしを

奥多摩は東京都内とは思えない程の大自然が残っており、2018年3月より初となる常設のグランピング場を作った。

様々な上質な宿を利用しているユーザーにも、心地よく「何もしない事をする」が感じられる最上級のグランピング体験を提供できるよう、心からもてなしたいとしている。

頭の中をリセットして心身ともにリフレッシュすることが、明日への活力につながるのかもしれない。

一休.com バケーションレンタル
URL:https://www.ikyu.com/vacation/

Circus Outdoor TOKYO
所在地:東京都西多摩郡奥多摩町川野290-1
URL:https://www.ikyu.com/vacation/00050708/

(hachi)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング