アウディA4の「sport」グレードが、装備充実の「傑作」へ

IGNITE / 2019年6月9日 11時0分

写真

今年1月に仕様変更したばかりの「アウディ A4」が、早くもブラッシュアップを敢行した。

そして、主力グレードの「sport」は、今後はドイツ語で「傑作」を意味する「Meisterstueck(マイスターシュトュック)」を名乗ることになった。

2016年のフルモデルチェンジで第5世代となった現行アウディA4は、モジュラープラットフォーム「MLB evo」を軸にしたダイナミック性能や予防安全システムの「アウディプレセンス」を特徴とし、先進的かつ上質なカーライフを提供する。

1月の仕様変更では、「S line」パッケージのアイテムを主力グレードの「sport」で標準化し、スポーティな魅力をさらに引き上げている。

そして、今回はそこにLEDヘッドライトや18インチアルミホイールなどを追加しつつ、価格を抑えた「Meisterstueck」=「傑作」として熟成させた。

グレード毎の追加装備は、セダンでは「35 TFSI」と「40 TFSI」にLEDヘッドライト、「45 TFSI クワトロ」にLEDリヤコンビネーションライトを採用。

一方のアヴァントでは「35 TFSI」への追加装備がもっとも多く、LEDリヤコンビネーションライト、アンビエントライティング、18インチアルミホイール、3ゾーンエアコン、助手席電動シートが奢られた。

そして、「40 TFSI」にはアンビエントライティング、「45 TFSI クワトロ」には18インチアルミホイールとパーシャルレザーインテリアが追加されている。

エンジンは「35 TFSI」が1.4Lの直噴ターボ(150ps/250Nm)、「40 TFSI」が2.0Lの直噴ターボ(190ps/320Nm)、「45 TFSI」が2.0L直噴ターボの高出力版(252ps/370Nm)を搭載。いずれも7速Sトロニックと組み合わされる。

ハイパフォーマンス仕様の「S4」は、3.0LのV6直噴ターボ(354ps/500Nm)に8速ティプトロニックを組み合わせる。

■グレードおよび価格
・セダン
A4 35 TFSI=447万円
A4 35 TFSI Meisterstueck=499万9,000円
A4 40 TFSI Meisterstueck=578万円
A4 45 TFSI クワトロ Meisterstueck=646万円
S4=846万円

・アヴァント(ワゴン)
A4 アヴァント 35 TFSI=476万円
A4 アヴァント 35 TFSI Meisterstueck=528万9,000円
A4 アヴァント 40 TFSI Meisterstueck=607万円
A4 アヴァント 45 TFSI クワトロ Meisterstueck=675万円
S4 アヴァント=875万円

・オールロード(クロスオーバー)
A4 オールロード quattro=658万円

(zlatan)

画像元:アウディ ジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング