ブラックパーツが精悍な「プジョー2008」の特別仕様車が登場

IGNITE / 2019年6月29日 12時2分

写真

プジョー最小のコンパクトSUV、「2008」が好調だ。今年1月に「クロスシティ」を新設定した効果もあってか、1月~4月の販売台数は前年比で+35%も伸びているという。

その好調を維持するべく、新たな起爆剤として「2008 GTライン ブラックパック」が投入された。

特別仕様車として設定された「2008 GTライン ブラックパック」は、2008の魅力である軽量コンパクトボディやキビキビとした走りを視覚的に強調し、精悍さを際立たせたモデルとなる。

ベース車は「2008 GTライン」、キーカラーは「黒」。外装ではフロントグリルやサイドウィンドウモール、リアスポイラーなどの随所にブラックパーツを奢り、足元も17インチの専用シャイニーブラックアルミホイールを履く。また、フロントのライオンエンブレムはダーククロームの輝きを放つ。

ボディカラーは、新色のクエーサーブルー、ハリケーングレー、パールホワイト、アルティメットレッドの4色を設定。内装では、レッドステッチが映えるブラックレザーシートを採用。前席にはシートヒーターも装備する。

パワートレーンは、1.2Lの直噴ターボ(110ps/205Nm)に6速ATを組み合わせる。駆動方式はFFだが、駆動力制御技術「グリップコントロール」やオールシーズンタイヤを標準装備するため、天候や路面状況によって行動範囲が狭められることはそれほど多くはないだろう。

グリップコントロールは「ノーマル・スノー・マッド・サンド・オフ」という5つのモードを備え、路面状況に応じた駆動力を最適に制御し、滑りやすい路面でも安定した走りを実現する。操作はダイヤルスイッチをひとひねりするだけだ。

そのほか、アクティブシティブレーキやクルーズコントロール、ヒルスタートアシスタンス、バックアイカメラ、フロント/バックソナーといった運転支援システムを標準装備する。

■グレードおよび価格
2008 GTライン ブラックパック=299万9,000円
2008 GTライン=288万円
2008 クロスシティ=269万9,000円
2008 アリュール=265万円

(zlatan)

画像元:プジョー・シトロエン・ジャポン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング