BMWの「X3 M」と「X4 M」は、サーキット走行もこなす万能性を得たミドルクラスSUV

IGNITE / 2019年7月17日 22時0分

写真

BMW M社による高性能シリーズ「M」に、ミドルクラスSUVの「X3 M」と「X4 M」が新たに加わった。

いずれも元々は週末に家族や仲間とアウトドアを楽しむようなモデルだが、Mの魂が注入されることでサーキットでの本格的な走りまでをこなす万能性を得ることになった。

新型「X3 M」と「X4 M」の心臓部には、BMW M社が新開発した3.0Lの直列6気筒ガソリンターボが搭載される。

2基のターボを組み合わせたこのエンジンには、3Dプリント技術や高圧噴射(従来の200barから350bar)といった最新テクノロジーが惜しみなく注ぎ込まれ、最高出力は480ps/6,250rpm、最大トルクは600Nm/2,600-5,600rpmを発生する。

また、よりストイックな「X3 M コンペティション」と「X4 M コンペティション」になると、最高出力がさらに30ps増強された510ps/6,250rpmとなり、最大トルクもより高回転域の5,950rpmまで発生する。

そのエンジンに、8速Mステップトロニックや4輪駆動システム「BMW M xDrive」を組み合わせ、さらにトルクベクタリング機構の「アクティブMディファレンシャル」を搭載することで、2トンを超えるボディながらも圧巻の加速やコーナリング性能を実現している。

パフォーマンスの高さは、見た目からも明らかだ。一般的なSUVとは異質のオーラを放ち、SUVとしての強靭さだけではなく、アスリートとしての風格さえ漂わせている。

アグレッシブなエアロパーツのほか、キドニーグリルがMモデルを象徴するダブルバーに、ドアミラーも空力性能を向上させるダブルリッジ・デザインのMミラーに、サイド・ギルにはMロゴが奢られる。

さらに「コンペティション」では、Mスポーツ・エキゾーストシステムやMマルチファンクション・シートなどが標準装備される。

■グレードおよび価格
X3 M=1,268万円
X3 M コンペティション=1,368万円
X4 M=1,299万円
X4 M コンペティション=1,399万円

(zlatan)

画像元:BMWジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング