メルセデス初のFFコンパクトセダン、新型Aクラスセダンは344万円から

IGNITE / 2019年7月31日 9時0分

写真

昨年10月に日本に導入されたハッチバックのAクラスに続き、4ドアセダンの「Aクラス セダン」が発売された。デリバリー開始は「A 250 4MATIC セダン」とその導入記念モデルが9月頃、ベーシックな「A 180 セダン」と「A 180 Style セダン」が年末頃の予定とされている。

新型Aクラスセダンのボディサイズは、全長4,549×全幅1,796×全高1,446mm、ホイールベースは2729mm。ひとクラス上のCクラスセダンと比べると、141mm短く、14mmスリムで、高さは+1mmとほぼ同じ。日本の道路事情によりマッチしたサイズとなる。

大きく異なるのは、CクラスセダンがFR(後輪駆動)であるのに対し、新型AクラスセダンはFF(前輪駆動)を採用しているところ。ホイールベース自体はCクラスセダンより111mm短いものの、居住性を確保しやすいFFレイアウトに加えて前後のオーバーハングを切り詰めることによって、大人4人が快適に移動できる室内空間を生みだしている。

ワイド&ローかつスポーティなデザインは、空力性能の改善にも貢献。Cd値0.22、前面投影面積2.19㎡という数値は、世界で販売されている量産乗用車として最高レベルだという。

インテリアは基本的にハッチバック版を踏襲し、ふたつの10.25インチディスプレイがダッシュボード上に並んだ、横方向のワイド感を強調するデザインを採用。もちろん、「ハイ、メルセデス」でお馴染みの対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」も搭載される。

トランクルームは420Lを確保し、後席は柔軟に使える4:2:4の分割可倒式を採用している。

パワートレーンは、1.4L直噴ターボ(136ps/200Nm)と2.0L直噴ターボ(224ps/350Nm)の2種類で、トランスミッションはいずれも7速DCTを組み合わせる。

運転支援システムは、ESPやブレーキアシスト、リアビューカメラなどを標準装備。全車速追従式のACCやアクティブブレーキアシスト、ステアリングアシストといった高度なシステムは、25万円のレーダーセーフティパッケージとして設定されている。

■グレードおよび価格
A 180 セダン=344万円
A 180 Style セダン=386万円
A 250 4MATIC セダン=476万円
A 250 4MATIC セダン Edition 1(250台限定)=582万円

(zlatan)

画像元:メルセデス・ベンツ日本

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング