ポルシェの718シリーズに、伝統のフラット6を搭載したトップモデルが登場!

IGNITE / 2019年8月6日 8時0分

写真

ポルシェの2シーターミッドシップ「718」シリーズに、6気筒のボクサーエンジンを搭載したトップモデル、新型「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」が追加された。

新開発となる4.0Lの水平対向6気筒エンジンは、911カレラのターボエンジンをベースとした高回転型の自然吸気。最高出力は420ps/7,600rpm、最大トルクは420Nm/5,000-6,800rpmを発生し、最高速度は300km/hの壁を突破している。

新型718スパイダーと718ケイマンGT4では、718シリーズのデビュー以来、初めて技術的スペックが完全に共通化されている。

ミッドに搭載する水平対向6気筒エンジンは8,000rpmという高回転域まで許容し、リニアなレスポンスや吹けあがりの気持ちよさ、心躍るボクサーサウンドを存分に愉しめる味付けとされている。

先代型との比較では、スパイダーで45ps、GT4で35psのパワーアップを達成。0-100km/h加速はどちらも4.4秒で、最高速度はスパイダーで301km/h、GT4で304km/hに達する。

組み合わされるトランスミッションは6速MTのみ。低負荷時に片側バンクのシリンダーを休止して効率を高める「アダプティブシリンダーコントロール」も搭載し、約9.2km/Lという良好な燃費を実現している。

また、30mm車高を低くするポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)やポルシェトルクベクトリング(PTV)、アダプティブ GTスポーツサスペンション、高性能ブレーキシステムなどを搭載し、コーナリング性能や制動力が一段も二段も高いレベルへと引き上げられている。

新型718スパイダーは、より高い次元の“オープンエア・コーナリング”を楽しむことに特化したモデル。軽量化のために718ボクスターの電動ルーフを半電動の軽量ソフトトップに変更したり、強力なダウンフォースを得るべく120km/hで自動的にそり上がるリヤスポイラーなどを採用している。

一方の新型718ケイマンGT4は、優れたエアロダイナミクスを特長とするGTマシン。大型フロントリップスポイラーや固定式リアスポイラー、フロントエプロンに設けられた「エアカーテン」などの採用により、ダウンフォースは先代より40%以上も増加しているという。

■グレードおよび価格
718スパイダー=1,215万円
718ケイマンGT4=1,237万円

(zlatan)

画像元:ポルシェ・ジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング