夏疲れを【リーガロイヤルホテル京都】の薬膳料理でとろう

IGNITE / 2019年9月2日 19時0分

写真

夏にたまってしまった疲れは、滋味あふれる「薬膳料理」でとりたい。

リーガロイヤルホテル京都は、「中国料理 皇家龍鳳」の料理長 甲谷 慎三が「営養薬膳師」の資格を2019年5月に取得したことを記念し、「薬膳良膳~秋季の膳~」のランチとディナーを9月1日から10月31日まで販売する。

■夏の疲れを癒す「潤す」がテーマ

営養薬膳師は中国の中華中医薬学会営養薬膳専科分会より授与される称号で、日本では178名、京都では3名が保有する。(2019年5月現在)

営養薬膳師の資格を取得した料理長 甲谷が、おいしく身体にも優しい中国料理を目指して、秋にぴったりの薬膳を使用したコース料理を考案した。

東洋医薬学では、秋は大気が乾燥し始めて身体に様々な影響を及ぼし、身体の皮膚を変質させて、乾燥肌、かゆみ、口や鼻の渇き、のどのかゆみや痛みなどを引き起こすとされている。

「薬膳良膳~秋季の膳~」は、夏の疲れを癒すために料理長 甲谷が薬膳の知識と食材を使い「潤す」をテーマに調理。

■中国料理 皇家龍鳳 『薬膳良膳~秋季の膳~』

場所:中国料理 皇家龍鳳 (地下1階)

期間:2019年9月1日(日)~10月31日(木)

営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.14:30)/ ディナー 17:00~21:30(L.O.21:00)

メニュー:※下記メニューの下線付きが薬膳の食材。

【薬膳良膳ランチ~秋季の膳~】 4,752円

鮑の冷製 / 山芋と銀杏入りフカヒレスープ / 牡蠣と大根餅の天ぷら 豆鼓ソース / イカと海老の松の実炒め / 鶏肉の胡麻風味揚げ 海老味噌辣椒ソース / はと麦と干し貝柱入りお粥 / 杏仁豆腐

【薬膳良膳ディナー~秋季の膳~】 10,692円

鮑入り秋の前菜盛り合わせ / うにと白キクラゲ入りフカヒレスープ ツバメの巣とともに / 合鴨肉のほうれん草クレープ包み 棗ソース / 帆立貝と百合根の陳皮風味蒸し / 牛フィレ肉と銀杏 栗の炒め 龍眼蜂蜜ソース / 浅利入りスープそば 黒胡麻麺 / 杏仁豆腐

※料金はサービス料、8%の消費税を含む。(10月1日以降、消費税率の引き上げにより料金が変更になる場合がある)

※2名より承る。

夏の疲れを感じたらおいしい薬膳料理で体を労わって。

リーガロイヤルホテル京都 「中国料理 皇家龍鳳」:https://www.rihga.co.jp/kyoto/restaurant/list/royalryuho/

(MOCA.O)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング