肉とワインがテーマの“オトナ向け”新フードイベント「肉ワインフェス」横浜赤レンガ倉庫で初開催!

IGNITE / 2019年9月16日 11時0分

写真

この秋、“ワインに合う肉料理”と“肉に合うワイン”だけを集めた、オトナのための至極の肉フェスがついに誕生!

2019年9月26日(木)〜29日(日)の4日間、横浜赤レンガ倉庫にて、野外クラシックフェス「STAND UP! CLASSICFESTIVAL ‘19」の一環として「肉ワインフェス®︎」の初開催が決定した。

■「肉ワインフェス®︎」とは
今回初開催が決定した「肉ワインフェス®︎」は、累計来場者数約700万人を超えるモンスターイベント「肉フェス®︎」が、日本が誇る肉文化を世界へ発信するべく、新たに仕掛ける肉とワインをテーマに絞ったフードイベント。

今回のコラボレーションは【肉+ワイン+音楽】をコンセプトに、潮風を感じる開放感いっぱいの赤レンガ倉庫で、厳選されたちょっぴり繊細な肉メニューとワインを、ピクニック気分で楽しめる。

■“肉”と“ワイン”の掛け合わせを楽しむメニュー構成に注目!
幅広い肉料理の中でも、ステーキやハンバーグ、ローストビーフ、生ハムなどのメニューはもちろん、牛肉や豚肉、鶏肉だけではない、ラム肉や鴨肉などのメニューを取り扱い予定。

スペアリブや牛タンの煮込み、おしゃれ餃子など、全国の人気店シェフたちがワインと味わうために考案した肉料理が集結。

また、ワインブースもフランスやスペイン、アメリカ、チリ、日本産などの赤・白ワインのほか、スパークリング、ロゼなど、肉に合うワインがズラリと並ぶ。それぞれのお気に入りの組み合わせを探しながら、肉とワインの世界がたっぷり味わえるイベントだ。

■「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL’19」とのコラボでさらに大人の演出!
今回「肉ワインフェス®︎」がタッグを組んだのは、大人から子どもまでが楽しめる野外音楽クラシックフェスティバル「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL‘19」、通称“スタクラフェス”。

若手実力派のアーティストにフォーカスを当て、クラシックの定番からオペラ、ミュージカルの名曲など、誰もが聞いたことのある音楽で盛り上げる。(「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL‘19」への入場は有料)

肉とワインと音楽で、新しい味を楽しもう。

【肉ワインフェス®︎ 2019】
開催期間:2019年9月26日(木)〜29日(日)<4日間>
営業時間:9/26,27 12:00〜21:00、9/28,29 10:00〜21:00 (予定)
会場:横浜赤レンガ倉庫 肉ワインフェス特設会場
料金:入場料無料(飲食代別途)食券・電子マネー利用可
公式サイト:http://nikufes.jp

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング