「南禅寺参道 菊水」で秋を味わう。名庭師・七代目 小川治兵衛の庭で愉しむ「GARDENアフタヌーンティー」開催

IGNITE / 2019年9月16日 9時0分

写真

京都・南禅寺周辺では、紅葉の見頃が例年11月中旬頃から12月上旬頃まで。

名庭師・七代目 小川治兵衛の優美な庭園から着想をえた「GARDEN アフタヌーンティー」が、南禅寺の菊水で愉しめる。

■GARDEN アフタヌーンティー “MOMIJI”
秋の新作は“MOMIJI”色をベースに、旬のイチジクをつかったショートケーキに、コニャックで風味づけした芳醇な香りを感じるモンブランのタルト、パンナコッタやクリームチーズと酸味のある巨峰を合わせたブドウのミニパフェなど秋の旬のフルーツをつかったスイーツが登場。

また程よく塩味を演出するキノコのキッシュに、但馬牛のミニハンバーガー、発酵バターのクロワッサンにはブリアンゼッタハムとキュウリをはさんだ気軽なオープンサンドに。

世界のホテルから愛されるドイツの紅茶「ロンネフェルト」の紅茶6種はお好みで何杯でも。

歴史ある庭園を眺めながら食せる、13種のメニューが織りなす四季を感じるアフタヌーンティーだ。

時間:14:30~17:00クローズ
価格:4,200円税別
※前日18:00までの要予約、2名より

■1日1組限定の特別感「離れ」で過ごす特別なアフタヌーンティー
庭の中心にある赤松を借景に、離れ「さくら」で過ごすプライベートなアフタヌーンティープランを用意。菊水セレクションのシャンパーニュと、GARDEN アフタヌーンティー “MOMIJI”が愉しめる。

GARDEN アフタヌーンティー “MOMIJI” シャンパン付きプラン
販売時期:2019年9月5日(木)~12月上旬(予定)
時間:14:30~17:00クローズ
価格:6,800円税別
※前日18:00までの要予約

■南禅寺参道 菊水とは
約820坪の広大な敷地には、近代庭園の先駆者といわれる7代目「小川治兵衛」が作庭した日本の四季に彩られる優美な庭園と日本建築の粋を凝らした数寄屋造りの建物を配し、和と洋の織りなすイノベーティブな料理を提供するレストラン&ティールーム、静寂な時間を楽しみ、寛ぐための上質な客室、庭の中に佇む情緒感じるプライベートルームを備える。

大切な人と京都に行った際は、ゆっくりと過ごしたい贅沢なアフタヌーンティーだ。

■南禅寺参道 菊水
住所:京都市左京区南禅寺福地町31番地
HP: http://www.kyoto-kikusui.com/

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング