トータルパワーは680ps/900Nm! ポルシェ・カイエンに最強の「ターボ S E-Hybrid」が登場

IGNITE / 2019年9月24日 8時0分

写真

e-モビリティ戦略を推し進めるポルシェから、プラグインハイブリッドを搭載したトップエンドSUV、「カイエン ターボ S E-Hybrid」と「カイエン ターボ S E-Hybrid クーペ」が登場した。0-100km/h加速3.8秒、最高速度295km/hという圧巻のパフォーマンスは、いずれもカイエン史上最強となる。

搭載するパワートレーンは、4.0LのV8自然吸気エンジン(550ps/770Nm)と電気モーター(136ps/400Nm)に、8速ATや高性能バッテリーなどを組み合わせたプラグインハイブリッドシステム。トータルでの最高出力は680ps(!)、最大トルクは900Nm(!)を発揮し、前述のように0-100km/h加速3.8秒という俊足を誇る。

その一方、最大40kmのゼロエミッション走行を最高速度135km/hまで可能とし、燃費は2.5トンを超える巨体ながらも欧州複合モードで3.9L/100km~3.7L/100kmをマーク。リッター換算では、約25.6km/L~27.0km/Lとなる。

ちなみに従来までの最強モデル「ターボ」は、最高出力550ps/最大トルク770Nmを発揮。0-100km/h加速は3.9秒(パフォーマンススタート作動時)、最高速度は286km/hに達する。

単純にパワートレーンの数値だけで比べると今回の「ターボ S E-Hybrid」に軍配が上がるものの、車重は「ターボ」の2,175kgに対し、「ターボ S E-Hybrid」は2,535kgと360kgも重い。コーナリングやブレーキ性能に関しては「ターボ」に優位性が見られそうだ。

装備類はカイエンシリーズすべてに、ポルシェ自慢の車両運動制御システムの数々や高性能ブレーキシステム、LEDマトリックスヘッドライト、スポーツクロノパッケージなどが採用される。

また、今回の「ターボ S E-Hybrid」の登場に合わせ、カイエンクーペにも「E-Hybrid」が加わって、カイエンのフルラインナップが完成した。

「カイエン E-Hybrid クーペ」は3.6LのV6ターボエンジンと組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、トータルでの最高出力は462ps、最大トルクは700Nmを発揮する。0-100km/h加速は5.1秒、最高速度は253km/h。燃費はリッター換算で約31.2km/L~32.2km/Lとなる。

■グレードおよび価格
カイエン ターボ S E-Hybrid=2,327万円
カイエン ターボ=1,902万円
カイエン S=1,330万円
カイエン E-Hybrid=1,216万円
カイエン=1,012万円

カイエン ターボ S E-Hybrid クーペ=2,376万円
カイエン ターボ クーペ=1,974万円
カイエン S クーペ=1,408万円
カイエン E-Hybrid クーペ=1,276万円
カイエン クーペ=1,115万円

(zlatan)

画像元:ポルシェジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング