エス・テー・デュポンが日本橋三越本店にオープン!限定の新作ペンに注目

IGNITE / 2020年3月15日 10時0分

写真

大人たるもの、普段持ち歩く小物にも上質さを求めたい。

そんなこだわり派のためのフランス発装身具ブランド、「エス・テー・デュポン」が日本橋三越本店1Fに新たなショップをオープン。

■新作限定コレクション「シェイクスピア」

エス・テー・デュポン日本橋三越本店では、オープンを記念し、新作限定コレクション「シェイクスピア」を先行発売。

イギリス文学の偉大な文豪そして世界的劇作家として知られるウィリアム・シェイクスピアを讃える限定コレクション「シェイクスピア」は、新たなペン「スウォード」の誕生を祝して登場したコレクション。代表的な戯曲「ハムレット」にインスパイアされた特別なコレクションだ。

戯曲中、ハムレットがヨーリック(死んだ道化)の髑髏を手に名台詞を言うシーンが有名だが、シェイクスピアはこの髑髏により、すべての死は避けることができないということを象徴している。

この象徴的な髑髏が「シェイクスピア」コレクションのすべてのアイテム(ペン、ライター)にデザインされているのが特徴だ。限定コレクション「シェイクスピア」は、シェイクスピアの誕生年に因んだ世界限定1,564個で展開する。

■「スウォード」ペン

イギリスの作家エドワード・ブルワー=リットンが残した名言“The pen is mightier than the sword.(ペンは剣より強し)”にインスパイアされて誕生したものだ。この名言は、言葉が持つ力、書くことの力を体現し、そしてペンが思考や感情を表現する力強い武器であるということを表現している。

ナチュラルラッカーとグリッターダストで仕上げられたキャップに、ウィリアム・シェイクスピアのハンドライティングを再現。キャップトップに「ハムレット」に登場するヨーリックの髑髏がイエローゴールドでデザインされ、ブラウンナチュラルラッカーで仕上げたボディにシェイクスピアのサインが描かれている。剣を象ったペンクリップは「スウォード」ペンの特徴だ。

万年筆 253,000円 ※日本橋三越本店限定で発売

ボールペン 188,000円
ローラーボールペン  204,000円

※各世界限定1,564本

■「ライン2」ライター

「シェイクスピア」コレクションには、一塊の金属(真鍮)から精密に削り出される “モノブロック”ライター「ライン2」がラインナップ。

およそ70個もの部品から構成され、600におよぶ工程を経て製作される贅沢な品だ。イエローゴールドとナチュラルラッカーで仕上げられ、側面には髑髏のモチーフを装飾。ローラーにシェイクスピアのサインが刻まれている。

61 x 36 x10mm、118g
274,000円
※世界限定1,564個

なお、同店舗では、オープンを記念したギフトも提供。

限定「シェイクスピア」万年筆を購入した先着10名に、人気のライター「ライン2」を象ったキーホルダーを、エス・テー・デュポン製品を38,500円(税込)以上購入の先着20名にオリジナルノートブックをプレゼントする。

とっておきのアイテムを探しに、足を運んでみてはいかがだろう。

※価格は全て税別

【エス・テー・デュポン 日本橋三越本店 店舗情報】
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店本館1F
営業時間:10:00~19:30(百貨店に準ずる)定休日:百貨店に準ずる
URL:http://www.st-dupont.jp

(Yuko Ogawa)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング