先端技術と日本文化の融合する大規模複合施設、羽田・天空橋にオープン

IGNITE / 2020年6月30日 20時0分

写真

ターミナルの拡張やリニューアル、そして都心新ルートが運用開始など、ますます変わりゆく日本の窓口・東京国際空港(羽田空港)。

羽田空港エリア内の「天空橋駅」に直結する大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」(略称:HICity)が7月3日(金)に開業する。

画像A

■「先端」と「文化」が刺激し合うまち

HICity(エイチ・アイ・シティ)は、「先端」と「文化」の2つをコア産業とする街。世界をリードする国際産業拠点としてモビリティ、健康医療、ロボティクスなどに関する「先端」産業を核とした企業を集積し、食、音楽、観光などに関する多彩な日本「文化」を発信することにより、互いに刺激し合い、ヒト・モノ・コトが分野を超えて交流する、独自のコミュニティを形成し、羽田ブランドの創造と育成を実現する。

画像A

画像A

共用空間の豊かさにも注目

各建物を結ぶコリドーは、日本庭園の配植をベースにした植栽や、花札の絵柄に現代モダンアートの要素を加え日本の四季折々の音を奏でる「花燈籠」が施されている。施設屋上には、足湯スカイデッキが整備され、羽田空港を望む絶景を楽しむことができる。

画像A

■先端技術と日本文化をテーマにした注目のテナント

HICityには新業態に取り組む店舗、日本初店舗、商業施設初出店店舗が集結する。その一部をご紹介しよう。

・最新テクノロジーを用いた体験型施設

最新型MRグラスによりネオジャパネスクの世界・体験型商業施設

最新型MRグラスを使用し、あたかも物語の中へ迷い込んだかのような上質なネオジャパネスクの世界を体感。施設内に繰り広げられる様々な美しい日本の風景の中で、ストーリーを自身の感性で進めることができる。

日本初の戦闘機フライト体験・LUXURY FLIGHT

海外から直輸入した本物志向の戦闘機のフライトシミュレーターを導入した、日本初の体験型施設。初めての方には、元ファイターを含めたアドバイザーが丁寧に操縦方法の手ほどきをしてくれる。

・日本文化を実感できる飲食店

多彩な日本の食文化を国内外に発信する「羽田昔ばなし横丁」

各分野において本物の「ルーツ」を持つ名店とコラボすると同時に、昔ばなしの世界に入り込んだような空間づくりにこだわり、日本の文化を五感で楽しめる空間となる。

地方創生の飲食店「さとむすび」

日本全国の各地域に根差した文化の振興を図ることを目的としたお食事処。食事を通じて食材の産地・作り手・調理法・さらにその土地の風土などの特色も紹介し、日本各地のカルチャーを発信していく。

ショップラインナップ

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、各テナントも順次営業開始となり、オープンニングイベントは9月に延期されたとのこと。HICityがどのように成長していくのか、注目だ。

公式webサイト:https://haneda-innovation-city.com

画像A 使用権保有者:羽田みらい開発 著作権保有者:FOTOTECA

(冨田格)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング