【二子玉川エクセルホテル東急】食で北海道へ「小旅行」期間限定ランチ

IGNITE / 2020年8月31日 16時0分

写真

北海道の秋は美味しいものが目白押し。

二子玉川エクセルホテル東急では、30階「The 30th Restaurant」にて“北海道 大地と海の恵み”を販売する。

■コンセプトは「小旅行」

海外や遠方への旅行ができない今、より近くのディスティネーションに目を向けた新しい旅の形が注目される。食を通じて旅行気分が味わえるよう、開業40周年を迎える札幌東急REIホテルにちなみ、日本有数の味覚の宝箱、北海道に焦点を当てたコースが誕生した。

おすすめは、鰈の王様と呼ばれる「マツカワ鰈」を十勝産マッシュルームとコンソメスープで仕上げた一品。メイン料理は北海道の大地で育った黒毛和牛のローストをオニオンソースとすりたての十勝産「山わさび」をアクセントにさっぱりと。付け合せに甘さたっぷりの「インカのめざめ」を使用したポテトグラタンを用意。デザートでは、マスカルポーネチーズのムースに独自の酸味と香りが特徴の北海道産「ルバーブ」を甘く煮立てたマリアージュが楽しめる。

■北海道の味覚満載メニュー

【前菜】北海道産ホタテ貝の燻製 ビーツのマリネとキウイのデュオ

フレッシュな帆立貝を軽くスモークして、ビーツとキウイをサラダに合えた。添えている「小さなパイ」をアクセントに、素材を活かした見た目にも秋の涼しさを感じる一品。

【魚料理】北海道産マツカワ鰈のオーブン焼き 十勝産マッシュルームのコンソメ

体表が松の木の皮のようにザラザラしていることからその名がついた「マツカワ鰈」。かつて北海道が誇る幻の高級魚といわれた「鰈の王様」をオーブン焼きで。ほどよく脂が乗った白身を十勝産マッシュルームとコンソメスープとともに。

【メインディッシュ】北海道産黒毛和牛のロースト 十勝産山わさび インカのめざめ

北海道の大地で育った黒毛和牛のローストをオニオンソースで合わせ、十勝産「山わさび」をアクセントに。付け合せには甘さたっぷり「インカのめざめ」のポテトグラタンと、じっくりと煮た牛蒡をバルサミコで仕上げた。

【デザート】北海道産ルバーブのコンポートとマスカルポーネチーズのムース

独自の酸味と香りを持つ北海道産「ルバーブ」の素材を活かしながら甘く煮込み、酸味がなく滑らかでコクのあるマスカルポーネのムースに合わせ絶妙なマリアージュが楽しめる。小菓子に北海道特産果実「ハスカップ」のフィナンシェを用意。

二子玉川にいながら秋の北海道を味覚で楽しめる「小旅行」を体験してみては。

札幌東急REIホテル開業40周年記念メニュー“北海道 大地と海の恵み”

場所:二子玉川エクセルホテル東急30階 「The 30th Restaurant」
期間:2020年9月1日(火)~10月31日(土)
住所:東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズ30F
料金:¥6,000(税・サ込)
WEBサイト:https://www.tokyuhotels.co.jp/futako-e/restaurant/30th/67005/

※予約制 ※ドレスコードはスマートカジュアル

(MOCA.O)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング