「獅子甲冑」をデザイン!グランドセイコー60周年記念限定モデル

IGNITE / 2020年9月10日 10時0分

写真

技能の粋を結集した、最高の記念モデルが登場。

セイコーウオッチは、国産腕時計を代表する「グランドセイコー」から誕生60周年を記念して、「獅子甲冑(ししかっちゅう)」をデザインモチーフに、さらなる高みに挑み続けるグランドセイコーの意志を表現したスプリングドライブモデルを数量限定で発売する。

■グランドセイコー
1960年、当時の技術、技能の粋を結集し誕生。以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、見やすさ、美しさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現するための弛まぬ進歩を重ねることで、ブランドの伝統を築き上げ、今年、誕生60周年を迎えた。

■ブランドの精神を表す獅子が放つ屈強さと、威厳を体現するマッシブなケース
初代グランドセイコーの誕生とともに、裏ぶたにあしらわれた「獅子の紋章」。そこに込められた最高峰の腕時計を目指す意志は、60年を経た今でもグランドセイコーに刻まれている。

ケースと腕の接地面を広く、かつケースの重心を下げることで、まるで獅子の前足が腕を掴むかのような力強さを表現しつつ、快適な装着性をもたらす。

また、獅子の爪に見立てたケースのかん足(ラグ)は、ザラツ研磨による歪みのない鏡面仕上げとヘアライン仕上げを施している。屈強なシルエットの中に鋭さが際立つ、獅子のごとく勇猛な印象を与えるケースデザインだ。

■「獅子甲冑」をデザインモチーフに、グランドセイコーのものづくりを表現
ストイックに頂点を目指して戦い抜き、その生き様が今もなお現代人に影響を与える、日本の戦国武将がまとったとされる「獅子甲冑」がデザインモチーフ。

クロコダイル素材のレザーストラップには、斑(ふ)の溝の部分にピンクゴールド色の塗料を塗布する「谷入れ」という手法を施し、長い年月を経ても、貫禄のある甲冑の力強さを表現。

■ダイヤルカラーには武士が好んで身に着けていた「勝色」を採用
ダイヤルには、力強くなびく獅子のたてがみを表現した、有機的な模様が施されている。また、合戦に赴く武将が甲冑の装飾に好んで用いたという、藍染の勝色(かついろ)をイメージしたダイヤルカラーを採用した。

■「グランドセイコー」60周年記念限定モデル スポーツコレクション スプリングドライブクロノグラフGMT

品番:SBGC238
希望小売価格:4,600,000円(税抜)
ケース:18Kピンクゴールド
防水性能:日常生活用強化防水(20気圧防水)
ケースサイズ :[外径]44.5mm(りゅうず・突起部含まず)[厚さ]16.8mm
販売数量:世界限定100本
発売予定日:2020年10月9日(金)

縁起の良い色を用いた、特別な一本をその腕に。

URL:http://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgc238

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング