スポーツorエコ、ふたつの新たな個性を追加した「インプレッサ」が登場!

IGNITE / 2020年10月5日 7時30分

写真

スバルの上質コンパクト「インプレッサ」に、最上級グレードの「STIスポーツ」とハイブリッド仕様の「e-BOXER」が新設定され、10月8日の正式リリースを前に先行予約が始まっている。

現行インプレッサは2016年10月に登場した第5世代で、SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)の採用によって、走る・曲がる・止まるというクルマの基本性能が大幅な進化を遂げた。

その後も年次改良を重ね、2019年11月には内外装のブラッシュアップに合わせて運転支援システムの「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車で標準装備とし、スバルが大切にする「安心と愉しさ」をさらに向上させている。

今回の改良では、5ドアハッチの「インプレッサ・スポーツ」にふたつの新たな個性を注入し、ラインナップの幅を大きく広げている。

まず、ファン待望の「STIスポーツ」は、スバルのモータースポーツを牽引するとともに量産車の開発にも加わっている「STI」が、手塩にかけて磨きあげた最上級グレードかつイメージリーダーという存在だ。

その特長は、意のままのハンドリングや、シャープかつしなやかな乗り味にある。フロントサスペンションには、専用チューンを施したショーワ製SFRD(周波数応答型ダンパー)を採用し、リアサスペンションも合わせて専用チューン。これにより、路面からの微振動やステアリングの切り戻しで発生する左右の揺れを素早く収束し、操縦安定性と乗り心地を向上させている。

また、内外装にはダークメタリック塗装の18インチアルミホイールをはじめ、ブラック塗装のフロントグリルやSTIオーナメント、専用スポーツシートなどを採用して上質スポーティを向上させている。

一方、もうひとつの個性は、電動パワートレイン「e-BOXER」を搭載したハイブリッドモデルで、装備の違いによって「アドバンス」と「2.0e-L EyeSight」が設定された。ちなみにe-BOXERの搭載は、SUVの「フォレスター」と「XV」に続く第三弾となる。

e-BOXERは、2.0Lの水平対向4気筒・直噴ガソリンエンジンに電動モーターを組み合わせたシステムで、EV走行やモーターアシスト、回生ブレーキなどによる高効率な走りを実現している。また、アイサイトの全車速追従式ACCでは、より燃料効率を重視した「ECOクルーズコントロール」モードも選択することができる。

(zlatan)

画像元:SUBARU

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング