ご当地ならではのワーケーションでリフレッシュ!

IGNITE / 2020年10月10日 18時0分

写真

コロナ対策でステイホームをするなら、ステイ・ホテルで仕事をしつつバカンスも楽しみたいと注目を浴びている、新しい働き方「ワーケーション」。

特に国立公園では環境省がWi‐Fi設置費用の補助を行い、官民一体となった誘致が進められている。国立公園の中に13のホテルを運営しているプリンスホテルでは、ご当地ならではのアクティビティが楽しめるお得なプランを実施中だ。

屈斜路プリンスホテル 「湖畔のリゾートワーケーションプラン」

ホテル1階のラウンジにワーキングスペースを設置。屈斜路湖畔に設置されたテントでひと時のグランピングを体験が可能。

万座プリンスホテル 「湯ったりワーケーションプラン」

無料Wi‐Fiが完備され、ソファやデスクも完備されたゆったりとしたファミリ―ルームで仕事ができる。バケーションは「湯めぐり手形」で、名湯と名高い万座温泉の湯めぐりが楽しめる。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 「リゾートワーケーションプラン」

7泊以上の滞在で、コンシェルジュサポートや会議室の手配、郵便収受等のビジネスサポート。平日は敷地内の自家源泉「蛸川温泉」の湯を楽しめる他、ゴルフ9ホールを無料でプレーできる。

釧路プリンスホテル 「涼しい街「くしろ」で避暑体験!連泊ご宿泊プラン」

ホテル1階のビジネスコーナーでは、パソコンやコピー機が利用可能。客室内の大きな窓からは、世界三大夕日を始め、釧路湿原散策等大自然を満喫できる。

ザ・プリンス パークタワー東京「Family City Workation ~33 hours Stay~」

ご宿泊のパークスイート(76㎡)とは別に、バルコニー付きのデラックスツイン(38㎡)を、テレワーク用の仕事部屋として使用可能。

ザ・プリンス ヴィラ軽井沢「リゾートワーケーションプラン」

別荘型宿泊施設のヴィラ(テラスタイプ)は最大6名宿泊可能。1棟にベッドルーム2部屋とリビングルームがあり、WorkとVacationにメリハリをつけることができる。

鎌倉プリンスホテル 「Kamakura SeasideWorkation~大切な人と過ごしながら働く~」

ワーキングルーム1室+プライベートルーム1室の合計2室の客室利用が可能。滞在期間中の朝食・昼食・喫茶・夕食、ゴルフ練習の全てがセットになっており、ホテルに籠ってバケーションが過ごせる。

びわ湖大津プリンスホテル「びわ湖大津プリンスホテル・リゾートワーケーション」

コンシェルジュサポートや会議室の手配、郵便収受等の業務サポート。レンタサイクルが無料、ゴルフも優待料金で利用できる。

グランドプリンスホテル広島「海と寛ぐ。瀬戸内・リゾートワーケーションプラン<スイートステイ>」

瀬戸内海を見渡せるスイートルーム(107㎡)でゆったりと過ごせる。館内の温泉やフィットネスジムでリフレッシュ。世界遺産「宮島」へはホテル前桟橋から高速船で約26分。充実した余暇が過ごせる。

それぞれプラン発売の期間が異なるので、詳細はホテルのホームページ等で確認を。仕事だけでなくその土地ならではの体験ができる「ワーケーション」で、アフターコロナを乗り切りたい。

(Takako.S)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング