トレーニングのパフォーマンスを数値化!マルチスポーツウォッチ「Polar Vantage V2」

IGNITE / 2020年10月30日 11時30分

写真

トレーニング時に装着するスポーツウォッチを探しているなら、ポラール・エレクトロ・ジャパンの新作『Polar Vantage V2』をチェックしてほしい。

心拍数計測とパワー計測、加速度センサーなどから得られる情報を基にパフォーマンスを数値化する機能や、脚力の回復状況をテストできる機能を搭載。毎日のトレーニングを支えてくれる優秀なスポーツウォッチだ。

■ランニング、ロードバイクのパフォーマンステスト機能を新たに搭載した『Polar Vantage V2』

Vantage V2は、心拍数計測に加えてパワー計測を使い、トレーニング効果や回復レベルを可視化する。新設計のアルミニウム合金素材ボディを採用することで、より安定したGPSの受信が可能になり精度が向上、また重さも52gとトレーニング時に気にならない軽量性を実現した。

バッテリーは、トレーニング時にGPSや心拍計測などの全機能を使った場合は最大40時間、心拍計測をオフ・GPSの記録間隔を変更できる省電力設定にした場合は最大100時間の連続使用が可能だ。堅牢性(耐衝撃、防水、防塵など)では、ミルスペック「MIL-STD-810G」に準拠している。

新機能の「ランニング パフォーマンス テスト」は、徐々にスピードを上げていくビルドアップ走を行い、最大有酸素スピード(MAS)、最大有酸素パワー(MAP)、最大酸素摂取量(VO2max)を計測できる。

■トレーニングのパフォーマンスを記録・分析

時計画面に表示されたスピードに合わせて走り、表示されるスピードは時間がたつにつれ少しずつ早くなる。表示されるスピードについていけなくなると計測は自動で終了し、MAX、MAP、VO2maxなどの数値をフィードバック。テスト結果によって、心拍ゾーン、スピード、パワーゾーンが最適化(更新)され、より現状の能力に合ったトレーニングを行うことができる。Vantage V2でパワー計測が可能なため、フットポッドなどのセンサーは不要だ。

「サイクル パフォーマンス テスト」は、1時間を全力で走り切ったときに出せる平均パワー(FTP)と、VO2max、パワーウェイトレイシオ(W/kg)を計測。設定した時間(20、30、40、60分)、ロードバイクなどの自転車に乗り続ける。計測には別売りのパワーメーターが必要になる。「脚力回復度テスト」はジャンプを3回行うことで、脚の回復度を数値化。プロのアスリートでもトレーニング前にジャンプの高さを測って、回復度を確認するが、これをVantage V2で計測することができるようになる。

そのほか、スマートフォンの音楽再生コントロール機能や、ウェブサービス「Polar Flow」上では様々なテストで計測したデータを一括で分析できるサービスを追加した(Vantage V2ユーザのみ対応)。カラーはブラック、グリーン、グレー・ライムで、希望小売価格は69,800円(税別)。胸ストラップ型心拍センサー「Polar H10」とのセットは、希望小売価格75,800円(税別)。

サイズはいずれもM/Lサイズ展開。発売日は11月5日で、オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店で販売をスタートする。

(IKKI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング