マセラティ初のバタフライドアを採用! 新型スーパースポーツ「MC20」は0-100km/h加速=2.9秒以下

IGNITE / 2020年10月30日 17時45分

写真

マセラティ新時代の幕開けを告げるスーパースポーツ「MC20」は、イタリアンエクセレンスの象徴ともいえる存在だ。

美しくも強靭な体躯が放つパフォーマンスは、0-100km/h加速=2.9秒以下、最高速度=325km/hをマークしている。

新型MC20は、マセラティのレーシングDNAを継承するスーパースポーツ。車名のMCは「Maserati Corse(マセラティ コルセ)」、20はリスタートの年である「2020年」を意味する。

流麗で地を這うようなスタイルはエアロダイナミクスを追求した結果で、ダラーラの風洞実験室での2,000時間以上にも及ぶテスト、1,000回以上のCFD(数値流体力学)シミュレーションによって生み出されている。

ボディサイズは、全長4,669×全幅1,965×全高1,221mm。車重は1,500kg以下という超軽量モデルで、今回のクーペモデルだけではなく、将来的なコンバーチブルやフルEVにも対応できるように設計されている。

マセラティ初採用となるバタフライドアは、目を見張るほど美しく、またスーパースポーツとしての威厳や機能性も両立している。ボディカラーは全6色で、そのすべてがMC20専用のニューカラーとなる。

インテリアはドライバー至上主義で設計。2つの10インチスクリーンを装備し、ひとつはコックピット用、もうひとつはマセラティ・メディア・システム(MIA)用となる。

ステアリングホイールの丸型ボタンは、左側がエンジンスタート/ストップ、右側がローンチコントロール。カーボンファイバーで覆われたセンターコンソールには、ドライブモードセレクター(GT・ウェット・スポーツ・コルサ・ESCオフ)、ふたつのギアシフトボタン、パワーウィンドウ開閉スイッチなどが配置されている。

心臓部には、マセラティ自社開発による新たなV6直噴ツインターボエンジン「Nettuno(ネットゥーノ)を搭載。最高出力630ps/7,500rpm、最大トルク730Nm/3,000-5,500rpmを発生し、0-100km/h加速=2.9秒以下、0-200km/h加速=8.8秒以下という爆発的な加速を生みだす。価格は2,650万円。

(zlatan)

画像元:マセラティ ジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング