『スピニカー』TiCTAC限定モデルが発売、スペアベルトのプレゼントフェアも開催中

IGNITE / 2020年10月29日 16時30分

写真

TiCTAC系列店舗では、10月26日(月)から11月6日(金)までの期間中、対象店舗にて「スピニカー(SPINNAKER)」を購入した人に数量限定TiCTACオリジナルナイロンベルトをプレゼントするノベルティフェアを開催中。

レザーベルトやブレスレットからナイロンベルトに付け替えることで、腕元をカジュアルに演出し、アクティブなシーンでも活躍する。

■イタリア発の腕時計『スピニカー』
2019年10月1日に日本に初上陸した、腕時計『スピニカー』。2020年の腕時計トレンドを総取りしたようなポテンシャルが魅力のブランドだ。同ブランドの新作『CROFT』のTiCTAC系列店舗限定モデルが、発売中だ。

■CROFT TiCTAC LIMITED EDITION

1967年、米国海軍のダイビングインストラクターであるロバートクロフトが、200フィートの深さまでフリーダイビングをした最初の人物。『クロフト(CROFT)』は、そのロバートクロフトの功績を記念して、彼の精神を吹き込んだコレクションだ。

『CROFT TiCTAC LIMITED EDITION』は、ダークグリーンの文字盤を採用した、シックで落ち着いた雰囲気を醸成する、TiCTAC限定モデル。日本製ムーブメントを搭載し、裏蓋からは駆動装置の動きが堪能できる。

暗闇で強い光を放つスイス製のスーパールミノバを採用しており、視認性も高い。ねじこみリューズで、自動巻きで蓄光を完備した本格時計でありながら、3万円台を維持。手頃に楽しめるシティ派カジュアルウォッチとなっている。

「クロフト チックタック リミテッドエディション(CROFT TiCTAC LIMITED EDITION)」¥46,000は、TiCTAC系列60店舗で発売中。

10万円以上の価格が多い中、手頃な価格で楽しめる豪華仕様の自動巻ダイバーズ。自分へのクリスマスプレゼントにもおすすめしたい。

SPINNAKER 公式サイト:https://www.spinnaker-watches.jp/

(IKKI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング