ワインを愛する人の会員制ワインセラー「La cave M」一般会員募集開始

IGNITE / 2020年10月30日 14時0分

写真

温度や湿度など、ワインにとって最適な管理をしてくれるワインセラーがある。

その一般会員の募集が、人数限定で開始されるのでチェックしたい。

会員制レンタルワインセラーを運営するLCMは、ワインを楽しむ人向けに、会員制レンタルワインセラーの一般会員を2020年11月1日より30名限定で募集。

■ワインに最適な温度と湿度条件を揃えたワインセラー
レンタルワインセラー「La cave M(ラ・カーヴ・エム)」は、24時間365日温度・湿度を管理、セキュリティ完備されたレンタルワインセラーだ。地下にセラーを配置し、PSカンティーナを導入することで、無振動・遮光が守られた環境でワインを保管できる。

PSカンティーナの場合、室内に送風ファンやコンプレッサーが無く、風や振動、騒音を発生させず、ワインにストレスを与えず貯蔵できるのが利点。

■セキュリティも万全
各ラックユニットには会員毎のキーが設置されており、地下のセラーへの入退室のセキュリティと各ラックユニットの2重のセキュリティとなっている。セコムの24時間管理システムと常設セキュリティカメラによる管理も徹底されている。

■セラー会員のニーズに対応のラックユニット
レギュラーサイズのワインボトルを約100本収納することができる各ラックは、680mm(W) x 700mm(D) x 730mmのサイズ。

1本ずつ取り出しやすく、かつスペースを最大限活用できるボルデックス社のワイン棚ラックシステム(オプション)や可動棚(オプション)を使用できる他、木箱ケースのままの収納も可能。また、マグナムサイズボトルや変形ボトルのワインも保管できる。


■アクセス抜群の立地
JR及び地下鉄各社線の4つの駅からのアクセスができ、虎ノ門や銀座は目と鼻の先。食事前に立ち寄り、BYOするワインを取り出すことも簡単。24時間365日アクセスできるため、ワインの運び入れや持ち出す際に、時間を気にしなくて良い。

■プライベートバーで乾杯することも可能
ワインセラー会員は、8Fのワインバーをプライベートバーとして使うことも可能。(ボトル持ち込み代無料。ただし規定する利用チャージあり)。

ワインバーでは、日替わりのグラスワインやボトルワインを常備しているため、持ち込まなくてもワインが楽しめる。常勤の支配人ソムリエと日替わりで勤務するシフトソムリエが、会員のプライベートソムリエとしてバーでのひと時からワインライフまでサポートしてくれる。

■有名料理人/シェフの出張イベントに参加可能
ワインバーでは、人気店及び予約困難店の有名料理人やシェフを迎え、月2回程度の会員向けイベントを開催。
また、会員にはワインバーを貸し切り「プライベートダイニング」としての利用、営業時間外のワイン会用途等の利用も可能だ。

■ワインセラー会員制度概要
入会金:30,000円
月会費:30,000円 ※消費税等別・年間前払い

内覧も行っているので、興味があればウェブサイトをチェックしてみよう。

大切なワインを、適切な管理のもとで保管しておきたい。

場所:東京都港区西新橋1-19-8 虎ノ門SE
URL:https://lacavem.com

(田原昌)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング