【ウブロ×ベルルッティ】世界限定100本、「ビッグ・バン ウニコ」をベースとした最新モデルが登場

IGNITE / 2020年11月26日 13時0分

写真

他にはない個性を秘めたコラボ腕時計が誕生。

スイスの高級腕時計ブランド”ウブロ”は、フランスのメンズファッションブランド”ベルルッティ”とコラボレーションした最新作「ビッグ・バン ウニコ ベルルッティ コールドブラウン」を発表した。

■「ビッグ・バン ウニコ」がベースモデル

4年前から始まった両ブランドのコラボレーションは、これまではウブロの「クラシック・フュージョン」をベースとしていた。今回は新たな取り組みとして、ベルルッティのクリエイティブディレクターであるクリス・ヴァン・アッシュが、ウブロのアイコニックな「ビッグ・バン ウニコ」をベースとしたモデルをデザイン。

ベルルッティが誇る伝説的なヴェネチアレザーとそのパティーヌに、ウブロが得意とする「アート・オブ・フュージョン(異なる素材やアイデアの融合)」というコンセプトが融合したモデルとなっている。

■ヴェネチアレザーをダイヤルとベゼルに採用

ウブロは、これまでのベルルッティとのコラボレーションで得た経験を生かし、ベルルッティのアイコンであるヴェネチアレザーを「ビッグ・バン ウニコ」のダイアルに用いた。

2枚のサファイアクリスタルでレザーを包み込むような構造になっており、今回、初の試みとして「ウニコ」ムーブメントの歯車が見えるようにそれをカットアウト。

天然レザーの美しさを活かすため、ベルルッティと協力して開発した繊細な工程によって、時が止まったかのようにレザーの有機成分が閉じ込められている。この新たなスタイルには、コールドブラウンのパティーヌが施されたヴェネチアレザーを使用。

さらに、今回はコールドブラウンのパティーヌを施したヴェネチアレザーを時計のベゼルにも採用。これまでのモデルでは、ヴェネチアレザーはストラップとダイアルのみに用いられていた。新たな取り組みを可能にしたのは、ベゼルを2つのパーツで構成するという全く新しい発想。

厚さ約1mmのレザー製パーツを、接着硬化樹脂によってもうひとつのパーツである下部のブラックセラミック製ベースにはめ込み、それを時計のケースにネジ留め。パティーヌレザーとラバーを融合したストラップと同様に、ベゼルも時間とともに継続的なパティーヌが可能。

■自社製ムーブメント搭載

フライバック機能を備えたクロノグラフである、アイコニックな「ウニコ」マニュファクチュールムーブメント「MHUB1242キャリバー」を搭載。

■「ビッグ・バン ウニコ ベルルッティ コールドブラウン」販売概要

¥2,780,000(税別)

ボックスは両ブランドのサイン入りで、ベルルッティを象徴するシューホーンのキーリングとトラベルケース付き。世界限定100本、国内では「ウブロブティック」にて先行販売予定。

希少性とその見た目で、身に着ければ注目度抜群な「ビッグ・バン ウニコ ベルルッティ コールドブラウン」。これは見逃せない逸品だ。

詳細:https://www.hublot.com/ja-jp/watches/big-bang/big-bang-unico-berluti-cold-brown-45-mm

(haruyama)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング