デートにおすすめ!英国のカカオブランド「ホテルショコラ」が中目黒にオープン

IGNITE / 2020年11月26日 23時0分

写真

今回ご紹介するのは、チョコレート好きの彼女が喜びそうなカフェ。

イギリスのカカオブランド「Hotel Chocolat(ホテルショコラ)」の都内で2店舗目となる路面店『ホテルショコラ中目黒店』が、11月27日(金)にオープンする。

■グリーンに彩られたリラックス空間が広がる店内

ホテルショコラ中目黒店の特徴は、「ボタニカルガーデン」をコンセプトに、グリーンや木、カカオ豆の粉砕された殻を使った材質などのオーガニックな素材とコンテンポラリーなストアデザインを組み合わせた、世界でもこの中目黒店だけのストアコンセプトを採用している点。

店内にはたくさんのグリーンと木を採用し、ボタニカルガーデンに訪れたような、リラックスした雰囲気を演出している。

上質な色彩でコーディネートされた落ち着きのある1階と、沢山の光が差し込む明るい2階のコントラストが美しい。

また、廃棄されたカカオシェルをテーブルトップなどに使用。カカオが持つ新たな可能性と、ホテルショコラの「モッタイナイ」精神を伝える重要な要素として採り入れている。

■アルコールやフードも充実

この他、日本初の「Rabot Estate Coffee & Cacao Bar by Hotel Chocolat」を併設。カカオから作られたリキュールなどを使ったアルコールメニューを提供する。

1階にはカフェ&バーとビューティ、2階にはカフェとチョコレートを展開。自慢のカカオ料理と、幅広いセレクションのアルコールメニュー、ここでしか味わえないショコラカクテルもラインナップする。

イギリスを代表する料理、「フィッシュアンドチップス」は、上質なアイスランド産のタラを、カカオニブを混ぜ合わせた衣でカリッと揚げた一品。

Small ¥1,100 / Regular ¥1,500

ロンドンのレストランのベストセラー料理からインスピレーションを得た「ミートシチュー&カカオライス」は、カカオを揉み込んだビーフのシチュー。12時間かけてじっくりと煮込んだ、とろけるような味わいが楽しめる。

¥1,500

「カカオ ビーフ メルト」は、カカオを揉みこんだローストビーフとトロけるチェダーチーズに、塩味を効かせたキャラメリゼオニオンのほのかな甘みがクセになる味わいだ。

¥1,200

オープン記念イベントとして、11月27日(金)・28日(土)・29日(日)の3日間は、来店の上メンバー登録をすると、各日先着200名に『バトンチョコレート』のプレゼントも。

最新のチョコレートスポットに、足を運んでみてはいかがだろう。

所在地:東京都目黒区上目黒1丁目14番6号
定休日:年末年始を予定
U R L:https://hotelchocolat.co.jp/pages/nakameguro

(Yuko Ogawa)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング