プロ仕様を凝縮したオーディオインターフェイス「iD14mkⅡ」発売

IGNITE / 2021年1月12日 19時0分

写真

オールアクセスインターナショナルが正規代理店を務める、英国を代表するコンソール、マイクプリ・ブランド「Audient(オーディエント)」が、プロ仕様を凝縮した10in/6outのUSB 3.0対応オーディオインターフェイス「iD14mkⅡ(アイディージュウヨン・マークツー)」を発表。コンパクトながらプロ用コンソールのマイクプリを搭載し、更にパワーアップしたiD14が、装いも新たに登場だ。

■新しい幕開けを迎える新生Audient

Audientは20年以上、イギリスにおいてプロ用のコンソールを中心に手掛けてきた高い品質と信頼を誇るブランド。今回発売となる新しいiDシリーズを機に、これまでのブランドロゴとプロダクトデザインを一新した。

2019年の発売以来、そのコンパクトボディに高い品質と魅力的な価格帯で人気を博してきたiDシリーズは、個人で作曲を楽しむ人から手軽にデモ音源を作りたいプロまで、幅広いユーザーから支持されてきた。

新しいiD14mkⅡは、旧iD14が持つ魅力は継承しつつ、音質や仕様が大幅に向上し、上位機種にも劣らない高品位で使いやすい製品に仕上がっている。iD14mkⅡは、2020年からの宅録需要の高まりを受け、自宅でのレコーディングはもちろん、動画サイトやポッドキャストなどでの音楽配信クオリティを更にレベルアップさせたいユーザーにも最適な1台だ。

前面

背面

Audientコンソール直系のClass-A マイク・プリアンプ搭載

新しいiDシリーズは、Audientの定番ともいえるプロスタジオ向けコンソールASP8024 Heritage Editionと同じディスクリートClass-A回路を採用し、コンパクトなその見た目からは想像もつかないハイクオリティサウンドを誇る。

他を凌駕する圧倒的なダイナミックレンジ

USBファンタム電源でありながら、入力(121dB)/出力(126dB)と他を圧倒するダイナミックレンジの広さで、低いノイズフロア、フルビット入出力を実現します。新しいiD14mkⅡなら、あなたの作品を確実にワンランクアップさせてくれる。

更に使いやすく進化した、充実のオリジナルミキサー&コントロール機能

iDシリーズでも定評のあった、超ローレイテンシーを実現するiD mixerアプリは、入力チャンネル、マスターセクション、モニターコントロールの3セクションから成り、コンピューターから簡単に操作可能。また、エンコーダーにスクロール・ホイール機能をアサインできるため、様々な機能の操作が直感的に行えるのも魅力だ。

更に進化を遂げたハイクオリティのiD14mkIIを自身で堪能してみては。

iD14mkII(10in / 6out  USB3.0対応オーディオインターフェイス)

市場想定売価:¥35,800(税別)
製品ページ:http://allaccess.co.jp/audient/id14mk2/

(Kasumi.I)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング