トップバーテンダーのカクテルを自宅で手軽に楽しむボトルカクテルに注目

IGNITE / 2021年1月14日 23時0分

写真

緊急事態宣言発出の一都三県のみならず、全国的に感染拡大が止まらない今、バーに飲みに行くこともままならない。

そんな中、自宅でトップバーテンダーのオリジナルカクテルを楽しめる、ボトルカクテル最新ラインナップの販売がスタートした。

■完成されたカクテルをボトル詰め

海外ではすでにブームとなっているボトルカクテルだが、日本でもコロナ禍でバーに行く機会が減ったなかで注目が集まり、続々と商品がリリースされている。東京・銀座にあるバーツール専門店「BAR TIMES STORE」は、自社ブランドを含め欠品していたボトルカクテルを再入荷、1月8日より最新ラインナップの販売をスタートした。

ボトルカクテルは、トップバーテンダーのスペシャルなカクテルをボトル詰めしたすでに完成されたカクテル。ストレートでも、オンザロックでも、ソーダ割りでも、自宅で手軽にプロフェショナルなカクテルを味わうことができる。

■注目のラインナップ

オンラインストアで購入できるラインアップを紹介しよう。全て限定数量なので、気になるカクテルは、早めの購入を。

・BENFIDDICH MANHATTAN
監修:鹿山博康氏(Bar BenFiddich)

苦味の奥行き、苦味の旨み、苦味の良さが加わったウイスキーカクテル。特にハイボールにすると苦味の余韻をより感じる。

・Mother’s Blossom
監修:小栗絵里加氏(Bar Algernon Sinfonia)

女性バーテンダーによるカクテルコンペティション「なでしこカップ」において、2017年に優勝した小栗絵里加氏によるオリジナルカクテル。

・Bobby’s Negroni Extra Spice
監修:山崎勇貴氏(JCCエージェント)

オランダ産のボビーズジンとスウィートベルモット、カンパリをブレンド。甘味、苦味、スパイス感を最大限に引き出したカクテル。

・BRITISH NEGRONI
監修:南雲主于三氏(スピリッツ&シェアリング)

日本屈指のミクソロジスト 南雲主于三氏がこだわった、ビターさにエレガントなアールグレイが香るリッチなネグローニ。

・BARTENDER CRAFT #02 FRAGRANT PARISIEN
監修:富田 健一氏(the bar nano.)

「KOMASA GIN桜島小みかん」の爽やかな柑橘フレーバーに、厳選した高級カシスリキュールやアペリティフワインを加えることで、美しい色や芳醇な香り、味わいがマッチング。

ボトルカクテルは、在宅時間を楽しく豊かに彩ってくれそうだ。

BAR TIMES STORE:http://www.bar-times-store.com/

(冨田格)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング