15分でレストランの味が完成。一流シェフの味がレトルトキットになって登場

IGNITE / 2021年1月21日 12時0分

写真

気軽には外食へ行けない今、シェフの本格料理を自宅で楽しめるキットが話題だ。

TastyTableは、「ミシュランガイド」で星を獲得したレストランや、「The Tabelog Award」で受賞したレストランのシェフが監修するレシピで、自宅をレストランに変えるミールキット。使い切り量の厳選された食材・調味料、シェフ書下ろしのレシピカードをお届けすることで、誰でも簡単にシェフの味を表現できるキットになっている。

今回、「時短」と「レストランの味」を極めた新キット「Chef du Quick Menu」が登場。

■シェフ手作りの時短キットが自宅に届く

「Chef du Quick Menu」はシェフが監修しただけでなく、シェフ自身が仕込んだものがレトルトで届く。

レトルトだから調理はたったの15分程度。パックを湯煎で温め、焼いたり和えたり、最後のひと手間を加えるだけで一流レストランの一皿になる。

「ミールキットを作る時間はないけれど、レストランの味を楽しみたい」という人に最適。自宅時間が増えている今にピッタリだ。

■手の込んだ料理がすぐに完成

第1弾として販売するのは、「牛タンのマデラソース煮込み&ボッリート」と「鹿もも肉のブラザード&ケールのインサポリート」。注文締切日は2021年2月7日(日)。2月13日(土)・14日(日)に届く。

・「牛タンのマデラソース煮込み&ボッリート」

牛タンを極力少ない水分で焼き蒸したヨーロッパのブラザートという料理。あえて牛タンらしい触感を残した。仕上げに周りを香ばしく焼くことで、マデラ酒の風味ともよく合う。副菜は、里芋と人参を牛タンの煮汁で煮込み、ボッリートというイタリア風おでんに。

・「鹿もも肉のブラザード&ケールのインサポリート」
京都美山町で捕れた野生の鹿のもも肉を、じっくりと低温調理で仕上げた。周りをこんがりと焼くことにより、旨味を閉じ込め、マスタードソースと調和する。
副菜には、バルサミコ酢でケールをソテーしたインサポリートを。爽やかな酸味が、主菜の鹿肉と相性抜群の一品。

■シェフが厳選したワインのセットも

さらに、今回はペアリングワインセットも用意。シェフ自ら試飲し、料理と合わせたワインを一緒に届ける。注文受付期間は2021年1月29日(金)~2月21日(日)。2月27日(土)・28日(日)に届く。

・「テッレシチリア―ネ ロッソ」×「牛タンのマデラソース煮込み&ボッリート」
スパイシーな香りとダークチェリーのようなニュアンスが特徴の赤ワイン。優しいタンニンと、牛タンの旨味やマデラソースの甘みとのマリアージュを楽しんで。

・「オペラ」×「鹿もも肉のブラザード&ケールのインサポリート」
ベリーのような香りと、バニラやシナモンなどのスパイシーなニュアンスが特徴の赤ワイン。スパイシーながらも口当たりは柔らかく、丸みのある味わいが、煮込み料理と良く合う。

話題のレトルトキットで自宅時間を充実させよう。

公式サイト
URL:https://tastytable.jp/

(hachi)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング