新しいビジネスの拠点に!永田町にニューノーマル・シェアオフィスが始動

IGNITE / 2021年1月28日 19時0分

写真

テレワークが重要とはいえ「対面コミュニケーションも大切にしたい」と思う方も多いだろう。永田町にテレワークと対面コミュニケーションのジレンマを解消する新しいシェアオフィスがオープンした。


■新しいビジネス拠点に使える

新規事業創出のスタートアップスタジオであるガイアックスが運営する、コミュニティビル「Nagatacho GRiD」は、26日よりニューノーマルの時代に合わせたシェアオフィスをオープン。新型コロナウイルスの流行が社会に与えた影響を受け、これまでNagatacho GRiDが持っていた「シェア(共有)」という特徴を、言葉そのままにアップデートした。

新しいシェアオフィスは東京の中心地、永田町に置く。法人でも個人でも、契約した固定デスク(月額60,000円、税別)ひとつにつき5人まで登録でき、交代使用が可能。敷金・礼金なし、1ヶ月ごと席数・入退去更新、法人登記、メール郵送物受け取りも可能だ。

固定デスクに登録された全メンバーは、会議室やラウンジ、屋上、イベントスペース といった共用部がすべて使用可能。固定デスク数を超えた人数の出社があった日も安心。全体会議も開催可能だ。

■ユニークなサービスも見逃せない

定額住み放題 多拠点生活プラットフォーム「ADDress」と連携し、契約企業へ「半年間ワーケーション放題」も用意。都心でも地方でも働くことが可能な働き方を実現できる。

コロナ禍で自律・分散・協調型の組織への関心は急速に高まった。ZaPASSコーチングは、新しい働き方に必要な自発性・主体性を引き出す。また内省によるメンタルヘルス改善が期待できる。

コロナ禍により大きくビジネス環境が変化している中、Nagatacho GRiDのニューノーマル・シェアオフィスを利用して新しいステップを踏み出してはいかがだろうか。

Nagatacho GRiDホームページ
https://grid.tokyo.jp/

(GINGA)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング