ちょっと大人なアフタヌーンティー、「プリティウーマンアフタヌーンティー」

IGNITE / 2021年2月6日 10時0分

写真

休日のひと時、映画の世界観とマッチするアフタヌーンティーを楽しむのはどうだろうか。ここで紹介する「プリティウーマンアフタヌーンティー」の会場は東京大手町なので、アクセスもしやすいのも特長だ。

■映画の世界観とマッチしたアフタヌーンティー

フォーシーズンズホテル東京大手町は、映画『プリティ・ウーマン』でジュリア・ロバーツが着用したアイコニックなネックレスでも有名な、世界の著名人に愛されるフランスのジュエラー、フレッドとコラボレーションした期間限定「プリティウーマン アフタヌーンティー」を、39階「THE LOUNGE (ザ ラウンジ)」にて開催する。

映画『プリティ・ウーマン』のロケに使われたホテルが、ビバリーウィルシャー フォーシーズンズホテル(ビバリーヒルズ)であることも興味深い点だ。

このアフタヌーンティーは、フレッドがリローンチした『プリティ・ウーマン』のハイジュエリーコレクションからインスピレーションを得ている。

光輝くブリリアントカットのダイアモンドとハートシェイプのルベライト(赤色を帯びたトルマリン)を用いたコレクションは、ジュリア・ロバーツの笑い声とリチャード・ギアのクールなエレガンスで大ヒットした1990年代の映画で名脇役となった気品溢れるネックレスで印象的だったデザインを現代風にしたもの。どの作品も、地中海沿岸のフレンチ・リヴィエラをDNAとするモダンジュエラーのアイデンティティである、「joie de vivre(生きる喜び)」を表現している。

ベリーレッドやピュアホワイトの宝石をちりばめたようなスイーツのプレートは、苺と柚子のタルトレット、苺とホワイトチョコレートのサヴァラン、レアチーズラズベリームースなど、映画の中の印象的なシーンを反映した苺や季節の素材を使った7種類が並ぶ。

セイボリーのプレートには、アメリカ西海岸のテイストを取り入れた鶏むね肉とベーコン ケール 赤キャベツのサンドイッチや、贅沢なロブスターエッグサンドイッチなど5種類を用意する。ティーソムリエがセレクトする日本茶やモクテルとともに楽しめる。

■会場は洗練された空間

皇居の森を臨むTHE LOUNGEは、ロマンティックなコメディタッチの映画のストーリーとも親和性のある、エレガントでありながら遊び心を刺激し、ラグジュアリーでありながらリラックスした雰囲気に包まれる空間だ。

期間は2月1日(月)から3月31日(水)まで。料金は1名7,000円(税別、サービス料別)である。予約や問い合わせは「フォーシーズンズホテル東京大手町」まで。

「プリティウーマンアフタヌーンティー」に参加すれば、大人な雰囲気でリラックスした時間を過ごせるだろう。

URL:http://www.fourseasons.com/jp/otemachi/

予約:https://www.tablecheck.com/ja/shops/four-seasons-hotel-tokyo-otemachi-the-lounge/reserve

(GINGA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング