1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

「野生味のあるバラ」をテーマにしたカルティエの新作フレグランス

IGNITE / 2021年2月12日 15時0分

写真

「大胆」「新鮮」「野生的」……、そんなコンセプトを持つ3つのフレグランスが登場。

カルティエは新作フレグランスを2月12日(金)より全国で発売する。

■野性的で刺激的なバラの香り

現在日本で発売されている3種類のコレクション「LES ÉPURES DE PARFUM」(レ ゼピュール ドゥ パルファン)、「LES HEURES DE PARFUM」(レ ズール ドゥ パルファン)、「LES HEURES VOYAGEUSES」(レ ズール ヴォワイヤジューズ)から、それぞれバラをモチーフとしたフレグランスが登場する。

カルティエの調香師であるマチルド・ローランによって、“I Only Love Wild Roses”(私が愛するのは野性味のあるバラだけ)と名付けられた3種類のフレグランス。それらは、フレッシュで瑞々しく生命力があって野生的、そして刺激的で大胆なしおれることのないバラである。

■三者三様の個性を堪能できるラインナップ

「レ ズール ドゥ パルファン ルール オゼ」

75ml 税込¥31,515/© Cartier

少女のような可愛らしさではなく、頬を染める鮮やかなピンクで大胆さを表すバラ。最もフレッシュで斬新なピンクを湛えている。

「レ ゼピュール ドゥ パルファン ピュール ローズ」

75ml 税込¥31,515/© Cartier

そのまま食べてしまいたいほどの瑞々しさで、生命力とエッセンスに満ちた自然のままのバラ。新鮮さが脈動し、フレッシュな香りが広がる。ありのままをさらけ出すバラが、純粋でシンプルな喜びをもたらす。

「レ ズール ヴォワイヤジューズ ウード & ピンク」

75ml 税込¥40,260/© Cartier

このバラは繊細さと無骨さを混ぜ合わせ、フェミニンとマスキュリンを自在に行き来する男性的なバラ。野生的で陰のあるウードの香りに身を浸し、素肌にタキシードを纏う。そんな女性を思わせる、屈しないバラ。

3つの個性的なコンセプトのフレグランスは、ギフトとしても最適だ。

カルティエ公式Webサイト:https://www.cartier.jp/

(TF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング