1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

深みを増した表情が生まれる、Y’sの2021-22秋冬コレクション

IGNITE / 2021年7月26日 11時0分

写真

やわらかく馴染んだ生地でつくられたチェックパターン・シリーズがコレクションのテーマに。

Y’s 2021-22秋冬コレクションのテーマを象徴する「Plaid Series」が登場した。パジャマのようなチェックパターンのやわらかく馴染んだ生地でつくられたリラックスしたシルエットだ。

■Y’sの2021-22秋冬コレクション「Plaid Series」

チェック柄のツイル生地をパッチワーク状に組み合わせ、製品染でオーバーダイが施されて、元々の生地の色に更に染めを施すことにより深みを増した表情が生まれる。

元々程よい光沢と落ち感があるソフトな生地を、更に柔らかく仕上げる加工で風合いが格段に良くなり、着慣れた服のようにリラックスした雰囲気を最初から持つコレクションだ。

カーキやグレー、ネイビーなど柔らかな発色のカラーリングが溶け、身体に馴染みながら、作業着をモチーフにしたフォルムの硬質な要素や、服のディテールの作り込みが、日常の服に無理なくスタイルをつくりだす。

Y’s AUTUMN WINTER 2021-22

PLAID SERIES

下にかけて腰を巻き込むように作られたフォルムのシャツ、ウエストのギャザーで左右非対称の分量とドレープがつくられた裾がドローストリングになったパンツ、軍物のスノーパーカーに着想を得たコートドレス。

同素材のレイヤードや、ロングブーツを合わせることで厚みやアクセントを加え、強さを出すことで、自宅のようなリラックスした気分で着ることができるデイタイムのスタイルへ。

DRAPE LONG BLOUSE

コートドレスのファスナーを上まで閉めるとスタンドカラーのように衿もとが立ち上がる小ぶりのフードや、シャツのボタンを留めずに着て布の落ちでつくられる装飾性、ドローストリングの調整でボリュームを出したパンツシルエットなど、パターン(型)から生じる造形がリラックスしたスタイルの中に抑揚を加える。

BALLOON PANTS

ポケットの縫い目や、薄地のパッチワークの接ぎ線に入れたダブルステッチに製品染めで出るパッカリングが、生地に更なる表情を生み出す。

女性らしいシルエットのロング丈のAラインドレスを、男物の様な分量のパンツにプルオーバートップスのようにざっくりと羽織ったスタイル。

RAGLAN A LINE DRESS

動くたびにドレープが揺れるドレスをハーフジップとラグランスリーブでスポーティに。セーラーカラーのような大きめの衿のディテールや、ミリタリーのオーバーパンツをモチーフにしたサスペンダーパンツが硬質な風合いを加え、デイタイムのシルエットをつくる。

SUSPENDER PANTS

大きい衿に付いたファスナーを閉めて前だけ折り返すとロングシャツのようにもなる薄地のドレスは、ジャケットやコートとの重ね着にも合わせやすく、ユニークな存在感を持つ万能なアイテムだ。

http://www.yohjiyamamoto.co.jp/ys/

https://www.yohjiyamamoto.co.jp/news/detail/ys-aw-2021-22-plaid-series/

(IKKI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング