1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

長野県・湯田中渋温泉「あぶらや燈千」おこもり滞在でととのう

IGNITE / 2021年9月12日 22時0分

写真

夏の疲れを癒す温泉旅行へ出かけたいと考えている人に。温泉宿の楽しみが詰まったリニューアル客室を紹介しよう。

■疲れた心と体を癒す、秋のおもてなし

長野県・湯田中渋温泉郷の「あぶらや燈千」は、いち早く露天風呂付き客室を取り入れ、上質なもてなしと季節の食材をふんだんに使用した会席料理が自慢の温泉宿。展望大浴場から眺める信州の景色も、とても美しいと評判だ。

そんな「あぶらや燈千」が、「露天風呂付き客室」4部屋をリニューアルオープンした。

テーマは「最良のおこもり滞在」。旅行に行きたいけれど不安を持つ人たちに、気兼ねなく宿泊できるおこもり滞在を届けたいという思いでリニューアル。

疲れた心と体を癒す露天風呂、究極のリラックス状態「ととのう」プライベートサウナ、調理人のパフォーマンスとともに楽しむ食事、すべてが揃った新しい客室で特別な1日を過ごせる。

■客室や個室で楽しむ温泉と信州の恵み

リニューアルした客室の目玉は、「プライベートロウリュウサウナ×露天風呂×シェフズテーブル」。

プライベート空間で楽しむ滞在をコンセプトに、部屋にいながら旅館滞在を満喫できる80平米以上の新客室。伝統木工技術「組子」をモチーフに日本らしい「わびさび」の世界をデザインした、洗練された美しさや豊かさを感じられる空間だ。

プライベートロウリュウサウナと露天風呂がついた客室。

露天風呂から眺めは格別。信州の山並みや湯田中温泉の街並みを見渡し、独り占めできる。展望大浴場に行かなくとも、プライベート空間で温泉を満喫できてしまう。

さらに注目は、シェフズテーブル。夕食と朝食は、客室にある個室食事処に料理人と仲居スタッフが来て「部屋食×客前料理」として目の前で出来立ての料理を提供する。

旬や郷土の味を楽しめる、バリエーション豊かな料理が並ぶ。目で、舌で、香りで「旬」を味わう最高ランクの会席料理。

品書きは3ヶ月毎に変更。地元食材はもちろんのことブランド牛、ブランド野菜などを使用し長野県ならではの会席料理を提案している。

新客室の宿泊客は、ラウンジ「季」を利用できる。湯上りの休憩やテラスラウンジで夕涼みも最高だ。

■「おこもり旅」に最適な充実した館内施設

2020年6月にリニューアルした屋上ルーフトップバー「雪月花」。夏はオープンテラス、冬はかまくら個室として合計7つの席を用意。天気が良ければ、満天の星空と月を眺めて、ゆったりした時間を過ごすことができる。

展望大浴場は、1000平米のスパ空間。展望露天風呂・寝湯・サウナと種類豊富な風呂でリラックス。大浴場からは信州の山並みを一望、四季を通して様々な味わいを演出してくれる。特に信州の秋の紅葉は必見だ。

ワクチン接種も進み、そろそろ旅行にも行きたい気分の人も多いはず。密を避けて、のんびりプライベートな時間を過ごせる旅は、ウィズコロナ時代には最適な選択だ。

あぶらや燈千

所在地:長野県下高井郡山ノ内町
新客室詳細:https://www.aburaya-tousen.co.jp/blog/archives/433
予約:https://reserve.489ban.net/client/aburaya-tousen/0/plan/id/112112/stay

(冨田格)

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング