1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

ブルガリ ジュネーブウォッチグランプリ2021で最も権威ある・金の針賞を受賞!

IGNITE / 2021年11月14日 21時0分

写真

ブルガリが、また一つ歴史に名を残す快挙を達成した。

左)オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー 右) ブルガリ グループCEOのジャン-クリストフ・ババン


ジュネーブ ウォッチ グランプリ 2021(GPHG)が11月4日、スイスのジュネーブで開催。ブルガリはエントリーした4点のウォッチすべてが審査員によってファイナリストとしてノミネートされ、内「オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー」 が最も名誉ある大賞「AIGUILLE D’OR (金の針賞)」を受賞した。

この受賞は2014年に始まり、極限の薄さを追求してきたブルガリの壮大な物語を称えるものでもある。

■全カテゴリーの中で最も優れた時計に贈られる賞
「AIGUILLE D’OR (金の針賞)」は、全カテゴリーの中で最も優れた時計に贈られる「ベスト・イン・ショー(大賞)」であり、時計産業における最も権威ある賞とされている。

2014年以来、極薄・超複雑機構ウォッチの世界記録を7年に渡り途切れることなく塗り替えてきた「オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー」 が、近年のウォッチメイキング界を再構築してきたことを物語っている。

オクト フィニッシモラインは、革新的かつコンテンポラリーなアプローチを徹底することで、格調高く伝統的な時計の複雑機構の再解釈が可能であることを示し、従来のコードを大きく打ち破ったのだ。

■ブルガリが丁寧に積み重ねてきた技術と探究心の結晶


2014年以来、世界記録を7年に渡り途切れることなく塗り替えてきた「オクト フィニッシモ」コレクション とオクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー


ブルガリは、極薄の追及という一つの方向性を持ちながらも、最も複雑で最高のウォッチメイキングの全工程を見直してきた。このアプローチはウォッチメイキングの仕組みに関するルールを全面的に書き換え、また、ブルガリとチームがコンセプトの再構築と革新的で技術的なソリューションを見いだす後押しとなった。

さらに、このジャンルを根本的に刷新したことで、他の高級腕時計ブランドもこれに追随する。「オクト フィニッシモ」コレクションの広がりは、ブルガリがひとつひとつ丁寧に積み重ねてきた技術と探究心がかたちとなったものであり、ウォッチメイキング界でその存在感を確実なものにしたのである。

■時計業界唯一のCEO・ジャン-クリストフ・ババン氏

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください